スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉にできない思い

 東北三陸沖大地震で被災された皆様に、
 心よりお見舞い申し上げます。

先週金曜日、勤務先の大阪でも長い横揺れをはっきり感じました。
これだけ大きな揺れだったので、とうとう恐れていた
中部地方の地震がやってきたのか・・・と一瞬思いました。
何故、中部地方かもと思ったかと言うと、16年前、阪神大震災の時、
あれほどの大惨事が阪神間を襲ったけれど大阪はいつもの時間が
流れていたから、そんなに遠いところではないと考えたのです。

でも、実際は私たちのすむ関西地方からは遠くとおく離れた
東北地方一帯でした。すごい地震だったんだ・・・と思いました。
けれど、東北地方の地震とわかった時も、それほどの事態に
なるとは思っていなかった・・・。

時間の経過とともに、テレビに映る地震と津波が残した
爪痕のすさまじさを目の当たりにして、絶句しました。

予想をはるかに超えた人命が奪われ、今も行方不明の人が
大勢いらっしゃる、飲料水さえままならない状況に置かれた人たちが、
支援を待っていらっしゃると聞くたびに、普段と変わらぬ生活を送る
自分に自問自答する日々です。


できることを一つずつ。
そんな気持ちを忘れずに過ごして行きたいと思います。



4月から念願の上智大学グリーフケア研究所が主催する、
グリーフケア講座を受講できることになりました。
人の命には沢山の絆で結ばれていて、一人が亡くなるということは
周りの人にとって本当に多くを失うことになります。

けれど、失うばかりではないことも知っています。

旦那クンがいてくれたからこそ学ぼうと思ったことを
これから、誰かの、何かのお役に立てることができたら、
お手伝いができたら、本当に幸せだと思っています。


スポンサーサイト

新年会(回想)

H19年度、一緒に働いた人と新年会をしました。


なかなか全員集まることは難しいけれど
そのうち4人が集まれました。

一人は異動
一人は退職し、別の職場に転職。
一人は今も同じ職場。

日ごろ話せない職場のグチがメインテーマ?!だったけど
あっと言う間に時は過ぎ、気がつけば
自分の中での終電の時間が危うくなっていました!!

本当はもう1~2本遅い電車はあるんだけれど
11:6発が最終と自分の中で決めており・・・
それでも自宅に着くのは12:25頃。

遠距離通勤って、これが哀しいのよね。
それでも、当時の仲間と楽しい時間を過ごせました。

思い出しながら書いているんだけれど
悲しいかな、時間が経ち過ぎてて、その時の熱い思いが蘇りません。。

その時は、今年も頑張ろう!と思えたことだけ
覚えています。。はい。

きっこおばちゃんのお墓参り

母の妹のお墓参りに行ってきた。
母の妹は昭和55年にわずか31才で天国に旅立った。
癌だった。
母の妹、きっこおばちゃんの闘病は妊娠中にさかのぼる。
妊娠中、ずっと胃痛を訴えていたそうだが
妊娠の痛さと病院から言われていたそうだ。
出産した後も痛み、しんどさが治まらず病院に行ったら
胃癌だったそうだ。
癌=死だった当時のこと、告知するはずもなく
胃潰瘍と告げて、胃と膵臓を全摘したそうだ。
7年(根拠は知らないが・・・)再発しなければ大丈夫と
言われた7年後、再発した。

スキルス性の癌だった。
病気はみるみる進行していった。
何度も何度も繰り返される手術。
お腹を十字に切った縫い痕。
内臓がほとんどなくなるほどだったから
何カ月も何も食べられなくて、どれだけ辛かっただろうに。。。
お見舞いに行った私たちの空腹を気遣ってくれたことを
今でも覚えている。

その時、こんなに苦しんで頑張っても助からないなんて
なんて神様は不公平なんだろう。。
癌を恨んだし、絶対なりたくないと思った。

おばちゃんの思い出は結構あって
お料理上手、手芸上手、ほんとにやさしくて丸顔。
長期休暇で泊まりに行くのがほんとに楽しみだった。
丸顔と、ちょっとぼぉっとした雰囲気が私と似ているのだが
似ているところはそこだけなのに、なぜか自分も
きっこおばちゃんと同じ年になったら、きっこおばちゃんに会える
って信じて生きていた。
それが・・・そんな年はとおに越してしまったけど。。

でも、おばちゃんの子供(いとこ)に、おばちゃんに似てると思ってた
と言われた時には、我ながら驚いた(笑)
嬉しかったんだけどね、おばちゃん大好きだから。

考えると、旦那クンも32歳と4カ月で天国に行ってしまったから
おばちゃんと近い年齢だったんだね。
なんだか私の代わりに行ってしまったのかな。。
考えると悲しくなるからやめとこ。
おばちゃんのお墓の前で、旦那クンをよろしくってお願いした。
きっと、天国でも慕われてるんだろうけど、すごく先輩だし頼れるよね。
おばちゃん、「いい人と結婚したんだー」って言ってくれてそう(笑)

おばちゃんのお墓は六甲の山の中腹(までいかないか・・)にあり
六甲から神戸の街並み、海を見渡せます。
旦那クンとその年の6月から暮らすはずだったマンションと
とても似た風景を眺めることができます。

お墓からの坂道を歩きながら、この景色を毎日眺めていたんだろうな・・
そんなことをふと思い出しました。

反省

「人の喜びを自分の喜びと思える人に」をモットーに
今まで生きてきた・・・いや、生きてこようとしていた。
それは基本的には今も変わらない。

なのに、お祝い事や家族行事を耳にするのが、正直なところ怖い。
結婚、出産、花火見物、家族旅行。。。

ほんとに心が狭くなったもんだと、自嘲気味。

浮いた話とか普通の家族の話題でも、
顔で笑いながら、早く話題がかわらないかな。。とか
もう少し遠慮してもらえたら。。。なんて
思うこともたまにある。

そのくせ、さびしがり屋すぎて、自分の前だけ
そんな話題を避けられるのも嫌。


そりゃそうだよ。2年半という年月から取り残されてるのは
自分だけなんだから。
こんな気持ち、経験もせずにわかるなら
人は苦労しないもん。
わかってもらおうなんて、これっぽっちも思っていないのに
苦痛に感じる自分。

ほんとつくづく天の邪鬼だと思う。
ほんとに反省もしている。

それが、本当に心底反省せざるをえなくなった。

おとつい、同僚が頭痛がひどいと言ってきた。
薬あげるよ、と言ってみても首を振る。
よくよく聞いてみたら、高温期が続いていて
おめでたの可能性があるのだという。

年齢も近く、性格も似て非なるところが
とても居心地のよい同僚。
まっさきに幸せな気持ちになるべきなのに

この3月から一緒に働き始めて、仕事のスタンスとか
将来の青写真とか、まだ話したことはなかったこともあって
辞めちゃうだろうな・・・寂しい気持ちでいっぱいだった。

そして・・・もっとひどいことに
自分の心の中の暗闇がから
「また、置いていかれていく・・・」
ともがきたい気持ちに襲われた。

そのあと、色んな試練や治療を乗り越えたと聞いて
ほんっとにほんっとに
自分の心の暗闇に後悔した。

「置いていかないで」なんて
「寂しい」なんて思っちゃいけない

その日の帰り道、自分の心を整理して、腹をくくって
彼女のおめでたを祈った。


翌日、彼女の頭痛が気になりメールを送ったら
おめでたの可能性はなくなったという返事に
人の少ない電車の中で、泣きそうになった。

置いていかないでと思ってしまった後悔ばかりが
残って、ものすごく後味が悪かった。

メールの文面が無理して明るくサラッとしていた気がして
泣きたいときは泣いていいんだよって伝えた。
当事者の気持ちになれないのなら、
せめて、寄り添うことで、少しでも痛みを和らげてあげたい。

そして、この言葉は、旦那クンのことを聞いた後
彼女が私に贈ってくれたメールなんです。

ああ。私はまた素敵な人に出会い
人の心を取り戻せるよう、導いてもらったんだと
思わずにはいられなかった。










訃報

今日、ネットで川村カオリさんの訃報を知りました。

若いころ、存在は知っていたものの、注目していた
芸能人ではなかったけど、
彼女がガンを告白してから、気になる存在でした。
それは、彼女がとても素敵な生き方をしていたから。

人は悲しさや苦しさを体験すればするほど
人の気持ちがわかるという。

実際、つらさを体験した人、乗り越えた人は
人としての優しさとか豊さとか持っているって思ってた。

確かに遺族の気持ちは痛いほどわかるけど
死に直面する恐怖や絶望は計り知れない。

そのうえ、愛する我が子をこの世に残して
旅立たねばならない無念な気持ち


あんなに旦那クンの元に連れて行ってほしいと
毎晩毎晩旦那クンの前でだだをこねていたけど
少し冷静に考えられるようになった今
死はやっぱりこわいし
子供はいなくても、残していく両親のことを思うと
いたたまれない気持ちになる。
私がいなくなったら、誰がこれから支えていくのか。。


でも・・・

川村カオリさんの
ほんとに素敵な生きざまは、愛娘ちゃんにきっと届いていると思う。

子供はこどもな様で、ほんとうに大人をよく見てるから。

死はやっぱり怖いけど、
旦那クンのいる天国がどんなところなのか
今から行くことができるカオリさんを、こころのどこかで
ちょっぴり羨ましく思ったりする。

時間

この間、帰宅したらかかっていたTVで
国立がんセンター(だったと思うんだけれど・・・)
がん患者になった時のハンドブックを作成している
という番組を目にした。

抗がん剤治療中は香りやにおいに敏感になるため
化粧水や乳液の香りも気分が悪くなる。
なので、無香料のものを選びましょう・・・とか

治療中、ずっと体調が悪いわけではないため
調子がいい時はちょっとした買い物のために外出したり
散歩できることもある。
そのため、ジャージやスニーカーがあると便利・・・とか。

がんの告知を受けた人に、おもに配布されるために
作成されているようだけれど
現在、がんにかかっていない私にも必要な知識だった。

人は、相手を思いやる心を持ち合わせているが
残念なことに、当事者になって初めて気付くことも多い。

いつ、自分ががんになるかもわからなければ
身近な人ががんになり、
闘病を目の当たりにすることもあるかもしれない。
それくらい、がんは身近な病気。

こうした形で、少しでも不快感を防げるように
がん患者からの意見を取り入れて作成されつつある
ハンドブック。すばらしい取り組みだなぁと思いました。

その番組の中で。。。最後の方に
「残された時間」という言葉が患者を追いつめると
話されていた。

人生の終わりを強く意識させられるという。
本当にそうだと思った。

旦那クンは時間をとても大切に考える人だ。
何をするにも、時間がもったいないよって、よく言ってた。
時間はお金で買える時は、買うべきって考えだったようだ。

たとえば、ドライブなんかに出かける時でも
必ず高速を使うし
休みの朝、お昼近くまで寝てしまうと
よく、損した気分だとぼやいてた。

彼も今の私とは比べられないほど忙しく
自分の時間がとれなかったしね。

将来の夢や思い描いた自分に近づくために
今自分がすべきことと、今の現状と考えて
焦っていたのかもしれないし
頑張りたかったのかもしれないし。

そんな旦那クンが大切に思っている時間を
私はこんな風に、何かに打ち込むこともなく
すごしていいのだろうか。。。

今日は部屋の窓から青い空と緑の葉を眺めて
もし・・・旦那クンが元気になっていたら
今頃どうしていたのだろう・・・
そんなこと考えたら、青い空がうらめしくなった。

一人じゃない

今日は夜遅いのでちょっとだけ(笑)

今日、帰ってきたら「泣け歌」がかかってました。
久しぶりに見たのですが、
毎週、そんな泣け歌あるのかなぁなんて思いながら
観ていました。

さすがに・・・前のちわきまゆみさんの冬隣や
岡本真夜さんの星空の彼方ほどではないけど・・・

ちょっとぐっときちゃったので歌詞の一部を紹介します

かりゆし58のさよならです。



終電間際地下鉄の ホームに響くアナウンス
奥歯で噛みしめる孤独な夜

何も言わず吹き抜けた風 ビルの隙間に細い月
当たり前のように繰り返しの毎日

懐かしい歌が聴こえてきた 思い出が駆けめぐる
移りゆく季節を刻々と刻む時計の針は止まらないけれど

命は始まった時からゆっくり終わっていくなんて信じない
ぼくが生きる今日は
もっと生きたかった誰かの明日かも知れないから

言葉に出来ない思いは
涙にかたちを変えてこぼれるのでしょう


ここにきてくださる方は・・・
わかる・・・って感じるんじゃないかなとおもいます。

でも、私もたくさんのブログを拝見してきて・・・
一人じゃないんだと励まされてきました。
なので・・・
ここに来てくださる皆さんも一人じゃないんだと
思っていただけたら・・・
私もうれしく思います。

三途の川

今日、そろそろ寝る準備に取り掛かろうと思ったら
グータンヌーボーをやっていました。
一人で暮らしていた頃は寂しさを紛らわせるため
夜は寝るまでTVをつけていたけれど
実家に戻ってからは、ずっとご無沙汰していました。
天海夕希と江角マキコが出ていたので
二人がどんな会話をするのかも
ちょっと興味がありました。

アラフォー世代で、さばさばしていて
自分をちゃんと持ってて、いつも素敵だなぁと思うんですが
なかなか真似できません。。。(悲)

でも、旦那クンが素敵な女性だなと思えるように
頑張らなくっちゃね。。

そのグータンヌーボーで・・・
出演者の吉高さんと江角さんが
死の淵に立ったときの話をされていました。

走馬灯のように、いろんな思い出が
すごいスピードでよぎるんだそうです。

旦那クンは悲運が重なって旅立ってしまったけど
その川を越える直前に
想い出が走馬灯のように見えたんだろうか。
そして、その想い出に私は現れたんだろうか。

最後の言葉さえ、最後の覚悟さえ自覚する時間すら
与えられなかったけれど
言葉が交わせなかった分
彼の最期の想い出に私がいてほしい・・・

もう今となっては真相はわからないけど
そんなことを凄く願ってしまった。

人はいつか天国に行くけれど
もう、死を目の当たりにしたくないょね。。。
時々、怖くなります。

プチ同期会

金曜日は久しぶりの同期会の予定だったんだけれど
メンバーの一人の都合が悪くなったので
せっかく予定も空けてるしね。。。ってことで
他のメンバーと食事してきました。
優柔不断の私たち。
どこいこー?っといううちに、目の前にあったイーマに。
旦那クンと私が良く行ったラーメン屋さん「四川拉麺」に行って
お茶しよっかということになりました。

・・・。ない・・・・絶句。。
(お店は他にもあるんだけど・・・)

ビルのテナントが結構ごっそり変わってしまって
想い出のお店もなくなってしまいました。
旦那クンと行ってから、一度も近づいていなかったので
すごく悲しかったです。

でも、その想い出のお店は
旦那クンとしか行かなかった幻のお店・・・と思えば
少しは前向きに思えるかな。。

そんなこんなでビルのレストラン街を見て
鉄板焼き屋さんに入りました。
なかなか美味しかったですまいぅー。

同じフロアで、高級なお肉屋さんの開店
レセプションパーティーがあったみたいで。。。
新地のおにいちゃん、おねぇちゃんみたいな
華やかな人たちと
すんごい豪華な胡蝶蘭や
パチンコ屋さんの前にたててあるようなお花が
沢山並んでいて圧倒されました!
ほぉぉぉ。


今日のプチ同期会。
旦那クンと知り合った事務所に一緒に入った仲間で
同期会といっても3人です。
結成して約6年。
今もそこで働いているのは1人だけになりましたが
こうしてずっと仲良くできるのは、とても嬉しいことです。
今回は5か月ぶりだったけど、
やっぱりいいなーと再認識しました~。

悲しい時は共に悲しみ
嬉しい時は一緒に喜び
お互いに相手の幸せを願う。
いつまでも、そんな同期でいたいと思います。

旦那クンの3周忌の時も
大きな大きな桜のフラワーアレンジメントを
送ってくれました。
旦那クンをアイドルにした、立役者でもあります。

あれから、桜を見に行かなくなった私は
お家で、旦那クンとお花見させてもらいました。
桜は枯れてしまったけど、緑色の葉が色づいています。
根を張ってくれそうな子(桜の枝)を
庭に植えてみようかな。。。

周りの幸せそうな家族を気にすることなく
毎年、お花見ができるように。。。

旦那クンへの贈り物

今日は穏やかな日でした。
会社のことを思い出して悶々とすることもなく
3回忌の手土産も発注したし
時間連絡もしたし
お寺には母が電話を入れてくれたし(汗)

後は、大掃除ひょぇぇ、それが大変だ!

朝、起きたら、玄関に不在届がおいてありました。
見慣れない苗字・・・んん??

・・・・・・・・・・・・・・???

あ、昨年1月で寿退社した年下の先輩だ!

ご主人のいる名古屋に引っ越しした彼女。
もう、会社も退職したし、引越しするし
お供えも最期だね・・・と言っていたのに。

前回いただいたのは忘れもしない3/13
1周忌をひかえていたにもかかわらず
何もかものイベントを控えていた私が
あの日から初めて参加した日でした。

セリーヌディオンのコンサート。

二人で感動の余韻に浸りながらの帰り道
おもむろに「ぴょんたろクンに」と
大好きなヴィタメールのお菓子の詰め合わせを
差し出してくれました。

申し訳ないと思いながらも
旦那クンのことを覚えてくれて
こんな私を心配してくれて
感謝の気持ちがいっぱいでした。

息子くんや室長の色紙に使うイラストを
お願いしたのも彼女。

10年の交際を経て、スタート地点に立った彼女。
私は彼女にどれだけ支えてもらっているのだろう。。。

自分を大切な友達と思ってもらいたければ
自分がその人を大切にしなくてはいけない。

旦那クンに教えられ、そして彼女に教えられました。

私も、人を大切にできる人に・・・
そして、人として必要とされる人になりたい。

改めて思った一日でした。
 
プロフィール

月乃ぴょんこ

Author:月乃ぴょんこ
旦那クンと私の人生を奪った
急性心筋梗塞と病院。
悔しいけれど
辛いことばかりじゃなかったね。
君に沢山のことを教えてもらったよ。

-いつか大好きな旦那クンに
会える日まで‥
その日を楽しみにしてる。
素敵な奥さんでいられるように-

色んな気持ちの足跡を残していこうと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。