スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブ

「どんなに落ち込んでも、落ち込むのは1週間まで」

だけど旦那クンの旅立ちはそういうわけにはいかなかった。
人生の中でもあまりに大きい衝撃と喪失感。
自分でも仕方がないと思っていた。

2年を節目に・・・。そう思いながらも
心のどこかでは、無理だろうな・・・
そんな風に思っていた。

旦那クンの旅立ちのころ、
JRの脱線事故に遭遇した遺族の方のコメントを
新聞で読んだ。

「2年を迎えてやっと、一筋の光が見えてきた気がする。」

2年たった自分は果してどうだろうか。


旦那クンとの遠距離より辛いものは何もない。
どんなことでも頑張れる。。。そう思ってきた。
でも、今、くじけそうな自分がいる。

そんな中、両親が気遣ってドライブに誘ってくれた。
行先は六甲アイランド。
油絵が趣味の父がそこの美術館に行きたいらしい。

ずいぶん前に私もそこで働いていたし
旦那クンとも何度か訪れた場所だし。。。と思い
連れて行ってもらいました。

美術館は全然変わっていなかったけれど
街は大分様変わりしていました。
景気の悪いこのご時世。
しまったままの店舗や人の少なさから
当時の活気ある街には程遠い感じでした。
金曜日に引き続き、旦那クンと入ったお店もなくなっており
すごく寂しさを覚えました。

この寂しさは、3回忌を終えてホッとしたのかもしれないし
ここのところ抱える悶々とした気持ちからかもしれないし
何度となく走った高速道路を通って
 懐かしさがよみがえってきたのかもしれません。

2年たっても、やっぱり他の家族やカップルを見て
すごく羨ましく思い
2年たっても、旦那クンの面影を街中で探してしまう。

今日は小さい旦那クンを連れてドライブに行ったのに。

でも、今日はドライブに行って良かったよ。
寂しかったけど
 旦那クンの想い出に浸ることができたもんね。
スポンサーサイト

プチ同期会

金曜日は久しぶりの同期会の予定だったんだけれど
メンバーの一人の都合が悪くなったので
せっかく予定も空けてるしね。。。ってことで
他のメンバーと食事してきました。
優柔不断の私たち。
どこいこー?っといううちに、目の前にあったイーマに。
旦那クンと私が良く行ったラーメン屋さん「四川拉麺」に行って
お茶しよっかということになりました。

・・・。ない・・・・絶句。。
(お店は他にもあるんだけど・・・)

ビルのテナントが結構ごっそり変わってしまって
想い出のお店もなくなってしまいました。
旦那クンと行ってから、一度も近づいていなかったので
すごく悲しかったです。

でも、その想い出のお店は
旦那クンとしか行かなかった幻のお店・・・と思えば
少しは前向きに思えるかな。。

そんなこんなでビルのレストラン街を見て
鉄板焼き屋さんに入りました。
なかなか美味しかったですまいぅー。

同じフロアで、高級なお肉屋さんの開店
レセプションパーティーがあったみたいで。。。
新地のおにいちゃん、おねぇちゃんみたいな
華やかな人たちと
すんごい豪華な胡蝶蘭や
パチンコ屋さんの前にたててあるようなお花が
沢山並んでいて圧倒されました!
ほぉぉぉ。


今日のプチ同期会。
旦那クンと知り合った事務所に一緒に入った仲間で
同期会といっても3人です。
結成して約6年。
今もそこで働いているのは1人だけになりましたが
こうしてずっと仲良くできるのは、とても嬉しいことです。
今回は5か月ぶりだったけど、
やっぱりいいなーと再認識しました~。

悲しい時は共に悲しみ
嬉しい時は一緒に喜び
お互いに相手の幸せを願う。
いつまでも、そんな同期でいたいと思います。

旦那クンの3周忌の時も
大きな大きな桜のフラワーアレンジメントを
送ってくれました。
旦那クンをアイドルにした、立役者でもあります。

あれから、桜を見に行かなくなった私は
お家で、旦那クンとお花見させてもらいました。
桜は枯れてしまったけど、緑色の葉が色づいています。
根を張ってくれそうな子(桜の枝)を
庭に植えてみようかな。。。

周りの幸せそうな家族を気にすることなく
毎年、お花見ができるように。。。

25日

3/25は1年間ペアを組んで働いてきた人の
最終出勤日でした。

小さい二人のお子さんのママさんで
本当に優しそうな感じの人です。

去年は私も経理&総務は初心者で
試行錯誤しながらのスタートだったけれど
本当に一生懸命頑張ってくださいました。

また、所属の中で私の気持ちを感じ取ってくれたり
グチも聞いてくださる、数少ない人だったので
本当に残念です。

打ち明けてくれたときも・・・
送別会の時も・・・
最後の挨拶の時も・・・
その話題になると、泣いてくださいました。

ご一緒できたのは1年だったけれど、
1年という時間以上に深い絆で結ばれていると思います。
こんな頼りない私に、ついてきてくださって
有難うございました。

これからは仕事ではなく、お友達として
仲良くさせてもらえたらと思ってます。

悲しいことに、退職の理由がご主人の転勤。
関西を離れてしまうので、ほんと寂しいです。

でも、関西を初めて離れる彼女のご家族の方が
不安も大きいことと思うので
次にお会いできるのを楽しみにしていようと思います。

送別会

今年度で退職される方は3名
転出は1名
17人中4人がいなくなります。

その方の送別会が行われました。
フェニックスタワーの燦というお店でした。
このお店に行ったのは10年ぶりだったのですが
雰囲気もそのままで
従業員の方もとてもきちんとされていました。

私は贔屓にしているお花屋さんで
送別用のお花を受け取った後
会場に向かいました。

季節の野菜の蒸籠蒸しやら
お刺身やら、鯛飯やら・・・
美味しい食事と夜景を楽しみました。

送別する人へ一言、異動・退職する人から一言では
けっこうグッとくる言葉もあり、涙が出そうになりました。

いつも淡々としてる2年目クン。
今日は本当の姿を見れた気がしました。
みんなへのメッセージカードや気配り
感極まっての男泣き。
すごくかっこよかったよ。
異動先でも皆に愛されて頑張れ!

私と一緒に頑張ってくれたパワフルさん☆
初めて関西を離れる寂しさも手伝って
たくさんたくさん泣いてくれてありがとう。
「ぴょんこさん、これからすごく大変になると思うので
 みなさん、ぴょんこさんをお願いします」って!!
皆の笑いをとってくれて、すんごく面白かったけど
彼女のほんとの気持ちが伝わってきて
私はほんとにうれしかったよ。
初めは教えることが不安だったけど
今では堅い絆で結ばれてると思ってる。
1年間、本当にありがとう。

いつになく、キュンとくる送別会になりました。

この時期は出会いと別れの季節。
毎年当たり前のようにやってくるけれど
一つ一つの出会いと別れを大切にしたいなと思いました。

お買いもの

土曜日は母と外出する約束をしていましたが
敢えてどこに行くとも話していませんでした。

私は母の妹のお墓参りに行くのかなと思っていたけど
母は私が買おうと思っていた、御影のマンションに
行こうと思ってくれていたそうです。

ありがとね、お母さん

でも、それを聞いたのがお昼前。
マンション見に行ってから、三宮界隈でお買いものだと
私は大丈夫でも、母の体力がもたないわね。。。と思い
お買い物に行くことにしました。

・・・・・・がぁ、(←フジTV 軽部アナ口調で 笑)

母はほんとに行くつもりなの???て感じで
洗濯物干したり、家事してるので
(手伝えって感じなのですが、嫌がられマス

だんだん出不精グセが出てきてしまいました。

結局、父が垂水のアウトレットまで
送ってくれると言いだしたことから
ちょっと行く気になったのに、
やっぱり電車で行ってと言われたため
三宮に行っちゃいましたーーーー。

3連休の中日。いいお天気。
おデーティングには絶好の日和。

ぃゃだな・・・・って思ってたんですょね、ほんとは。
大丸は案の定、ものすごい人・人・人。
カップルでお洋服選んでる姿を尻目に
私も大好きなワンピースをゲッツ
母もパンツをゲッツ
・・・ここだけの話、母のパンツには裾にリボン
  密かにチェック
  我が母ながら、やるなぁ(笑)

そして、異動する会社の人に送別のお品をゲッツ
やっぱ、気持ち大切だもんねっ

お昼を食べてから買い物に来たので
お茶くらい優雅な気分で・・・と思ってたんだけど
母も私も足が棒になってしまい
       &
お店がどこも満員だったので
リーズナブルなケーニヒスクローネで休憩しました。

学生時代にアルバイトしてた時とおんなじ制服を見て
懐かしく感じながらも
メニューはすごく安くなっていました。
当時はフレッシュジュースなるものがあって、
本当に毎日フルーツ絞ってたんですよね。
もちろん、当時でも1杯700円してました。

お茶の入れ方も、ここでアルバイトして覚えたんですよね。

どんな仕事でも、色々勉強になります。

その他もろもろの戦利品を手に
満足して帰ってきました。

後は、カードの請求書を待つのみ(ひょぇぇ)

肉・肉・お肉三昧

先日、焼肉を食べに行きました
焼肉屋さんに行くのは1年2か月ぶり(細かい??)
1ヶ月前に約束してから、ずっと楽しみにしてました

北新地に程近いところに位置するこのお店
お店の雰囲気も、従業員の方の対応も
とっても良かったです

3人集合したところで、まずは乾杯しながら
お品書を見ると・・・

ミスジ?
ハネシタ?
ウルテ???????

なんだこりゃ

お肉の部位の名前って、いろいろあるんですねー
ビツクリ

私は焼いていただいたのを食べるばかりだったのですが
ほんっと美味しかったです♪
お口の中でトロケちゃいました~

まぃぅーーーーーーーーーーーーーーーー


残念なことに、部位をわかって食べたのは
ミノとウルテとタンだけかも(汗)
折角の美味しいお肉、ちゃんと理解できてなくて
すみませんデス

実は今回の食事会、2度目になります。
前回もすごく楽しかったものの
次の食事会開催を計画するきっかけもなく
せっかく知り合えたのになぁ・・・と思っていました。

ホワイトデーしましょってことで実現
なのですっごく嬉しかったです

今回も!!!ご馳走になってしまいました。

ほんっとすみません
でも、自分がせっかくご馳走したのに
喜んでもらえなかったら悲しいから。。。

まずはお礼を言わないと。。。
ご馳走様でした!&美味しかったです!
そして、ほんっと楽しかったです

あんまり楽しすぎて、時間を忘れており・・
気づけば、アフターファイブをする時に乗る
最終の電車(終電ではないケド)の時刻を過ぎてました!!

ぬぬぬぬゎんとっ・・・ひょぇぇぇ

いつもなら、ある程度の時間になると
電車の時刻を気にするんだけど
この日は、信じられないくらい時間忘れてました。

ビビッてしまった私はお支払に立ち会うことなく
先にお店を出させてもらいました。

帰りの時間を忘れるくらい
楽しいひと時を過ごてたこと
感謝しています。

旦那クンにも報告しないとね。
きっと、喜んでくれるね。

帰宅

3回忌の法要で1回の居間に移動していた
旦那クンの書斎兼ダイニング
今のテーブルと色を合わせたんじゃなかろうかと思うほど
マッチしていたけど
旦那クンと私の寝室に戻ってきました。
ローボードの上に設置する大きさなので
お仏壇にしては小ぶりだんだけど
私が抱えると前が見えないし、結構重いし
傷をつけないようにソロソロ上がりました。
すり足・差し足・忍び足~・・・ドロボウさんじゃないっ

冗談はさておき・・・

有難いことに、沢山のお花とスイーツに囲まれて
旦那クンもホクホク

でも・・・これを全部食べると恐ろしい・・・ことに??

といいつつ、いただくのが楽しみです

お花も旦那クンの書斎用に使っていた
横幅2mの机が一杯になるほどです。
お花畑みたいで、本当にうれしいです。
お花とスイーツから主人を偲んでくださる心が
あふれていて、それに思いを馳せると
胸がいっぱいになります。

そんな心地よさに浸れるのも今日までです。
明日からは仕事・・・現実だ・・・(><)

旦那クンに褒めてもらえるように
また新たな気持ちで頑張ります。

3回忌の法要のあと

3回忌の食事会を終え
もう少し想い出話の花を咲かせましょうと
皆で自宅にもどりました。

郵便受けに不在届が・・・。

この時期、旦那クン宛かな・・・と
ものすごく期待してしまう自分に嫌になりつつ
おそるおそる不在票を覗きこむと・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・来た・・・(号泣

旦那クンが最後まで仕事を共にした先輩(上司)からでした。
いただくお気持ちへの嬉しさに順番はないけれど
「一番望んではいけないんだよ、
 でも、きっと、心の片隅に生かせてくれてるんだよ」
と言い聞かせていた人でした。

主人の仕事や交友関係を引き継いでいきたいと
切に願っているけれど
主人の旅立ちをきっかけに知り合った人たち
先方にも私にも遠慮があり
どうしても疎遠になってしまいます。

忘れないで・・・とあがきたい気持ちと
強要してはいけないという気持ちで
ここ数日間をすごしてきました。

もちろん、連絡をいただかなくても
私は主人が働いた会社の皆さんには
感謝してもしつくせない思いです。

でも、それだけに、お心づかいが届いた時は
肩の荷が下りた思いでした。

ほんとうにほんとうに嬉しかった。

そして、北海道の両親と京都を回り
見送った後帰宅すると
旦那クンの“書斎兼ダイニング”(お仏壇)の前に
小包がありました。

また、お心が届いてる・・・
はやる気持ちを抑えて、送付状を覗きこむと・・・

旦那クンが働いた会社の上司でした。

旦那クンが病院に運ばれた時、
病院名も知らせていなかったのに
朝一番で駆けつけてくれました。

急変の連絡を受けて一番に駆けつけてくださったのも
その上司でした。

旦那クンが息を引き取ったであろう時間に
扉のへだたりはあっても、同じ空間にいたことに
特別な運命を感じていると
おっしゃってくださいました。

主人が転職試験を受けた際、面接をしてくださった後
想定の範囲外での同じ職場への配属

私も主人がそんな方とご一緒させていただいたことを
感謝しているとともに、誇りに思っています。

そして、旦那クンが旅立ったとき
旦那クンに関係する人たちに、同期の方に
旅立ちの経過と旦那クンへの思いを
メールにしたためて送ってくださいました。

そして、そのメールと返信メールを打ちだし
1㌢はあろうかと思うほど沢山のメールを
旦那クンが提出した仕事(私に見せて支障のないもの)を
私にくださいました。

ご一緒したのはわずか3か月。
そんなことをできる人はいない・・・

今も感謝してもしきれない思いです。

旦那クンを通して、その上司からも
人生において何を大切にすべきなのかを
教えていただきました。

この余りあるお心づかいをいただいて
私はもう1年、頑張っていけそうです。




旦那クンの3回忌

1日早く3回忌の法要を執り行いました。
2年前のこの日は旦那クンと過ごした最後の夜
私は職場の同僚の送別会
旦那クンは仕事の後
淀屋橋で待ち合わせて一緒に帰りました。

私の帰りが遅い時は、大抵連絡を取り合って
一緒に帰るのが常でした。

私が同僚としゃべりながらメールを送ったものだから
中途半端なメールに振り回され、
彼は1本早い電車に乗ったものの、私が乗っておらず
淀屋橋まで引き返してくれました。

職場の同僚に旦那クンを初紹介
旦那クンはすごく照れくさそうにしていたので
私はどうしたのよーなんて言ったけど
後で同僚に聞いたら、
旦那クンは私を見て、すごくうれしそうだったよ
といってもらって、涙したものです。

今年の法要は親族のみでしたが
一人一人が旦那クンを思い
私は二年前の幸せな一日を思い出し
心あたたまる素敵な法要になりました。

北海道のお父さん、お母さん
弟クン、弟クンのお嫁さん、親戚のHクン
遠方から来てくれて本当にありがとう。

そして・・・
今年は3回忌。
「もう2年も経ったのだから
 声をかけてもらうことを期待してはいけない」
この10日、ずっと心に言い聞かせてきました。

昨年まで一緒に働いた女性陣・・・
異動した人、退職した人
旦那クンと出会った職場の仲間たち
ブログを通して出会ったホカロンさん。。。

お花に、スイーツ等、それぞれの気持ちを
届けてくださいました。
お心遣いが届くたび、涙がこぼれました。
主人を覚えていてくれてありがとう。
私を励ましてくれてありがとう。


2年。
早いねー。とよく言われます。
確かに時の流れは早いな~と思うこともあります。
でも、旦那クンの想い出にすがりつきながら
あがいた2年間は、正直なところ長かったです。

でも、色んなことを考え、学んだと思います。

「人を大切にすること」

心で学んだ一番大きなことです。

旦那クンや私を救ってくれた周りの人の心に
恥じぬよう、少しずつ前に進もうと思います。

長かったとはいえ、まだ2年
先は長くなりそうですから
もう少し、頑張らなくてはいけないようです。



-いつか大好きな旦那クンに会える日まで‥
 
   その日を楽しみにしてる。

     素敵な奥さんでいられるように-


このブログを始めた時に、私が旦那クンに立てた誓い
再会の時に、きっと、君を振り向かせてみせます。

ね、旦那クン。

巷はWhite Day②

一昨日何気な~く百貨店に立ち寄ると・・・
外まで並ぶ人・人・・・
何だなんだ???と上を見ると
「White Day」の文字が・・・
あ、そっか~。
良く見るとデパ地下には少ない殿方ばかり(笑)
洋菓子会社に躍らせれてるわぁ。。。と
微笑ましく思いながらも
殿方を押しのけてお店を選ぶ気持ちも失せてしまい
結局入口近くのグラマシーニューヨークへ

3回忌に来てくれる人への手土産は
「京乃ぴょん屋」さんに注文したのですが
北海道の両親にお土産を。
いつも沢山お土産持ってきてくれるからなー

そして昨日、お昼休みも終わろうという時
新人クンが横に立っており・・・
「男性陣からホワイトデーです」と
お菓子を差し出してくれました。
となりの部署では密かに「じゃがいもくん」と言われている
新人クン。
丸っこいわけじゃないのに、なぜかうまいネーミング
と納得してしまう(笑)なんでだろー??
私のいる所属は、毎年新人クンがメッセージを入れて
女性陣に渡すというのが恒例になっているんだけど
今年の新人クンは、結構真剣に書いてくれていました。

「いつもニコニコぴょんさんがいると
室が元気になります・・・」って書いてくれてました(笑)
私の仕事ぶりは・・・??と少々引っ掛かりながらも(笑)
微笑ましく思いました。

会社の中では、ホワイトデーが廃止されたり・・・
という話もよく聞くのですが
ちょっとした話題になって場が和むので
度を過ぎなければいいもんだなって思いました。

巷はWhite Day

昨日は、久しぶりに遅くまで残業。
その後、3回忌のお花を買ったり
もろもろの準備を終えて、家路に向かいました。

昨日は、問題の上司と1時間ばかり予定外の面談。
すごく心配してくれていた同じ所属の大先輩に
話をしたことをメールしました。
すぐ連絡をくれたのですが、車中だったので
家に帰ってすぐかけ直しました。

彼女も職場で多くをかかえていたこともあり、
受話器を置いたのは23:20
その後、ご飯を食べました。
(体に悪そうだ・・・

実は、昨日も優しさが届いていました。
こんな時間ではお礼の電話をすることも憚られ
やむなく断念
優しさをいただきながら、お礼もできず自己嫌悪でした。
ホカロンさん、お心づかい有難うございます。
関西では見たことのないお菓子たち!
きっと、心を尽くして探してくださったんでしょうね。
会うたび、連絡をいただくたび
本当に感謝しっぱなしです。

また、会社でも今年度の6月まで一緒に働いた
上司が、旦那クンにプレゼントを用意してくださっていました。
旦那クンが大好きなスイーツとマンゴーの香水でした。

マンゴーの香水はね、私の思いがつまってるねんで。
お香も考えたんだけど、ぴょんちゃん持ってるかもしれないし
いいのも見つからなかったから。
ハンカチに香水を含ませて、旦那クンのそばに置いてあげて。

旦那クンはマンゴーが大好きなのです。
ケーキ屋さんに行っても、マンゴープリンとか
マンゴーものを見つけると
たいていそれをチョイスしていました。
そんな、何気ない会話を主任さんが覚えてくださっていて
プレゼントしてくださったんです。

入籍の直前に、旦那クンが沖縄の親戚を訪れた時
沖縄の親戚が旦那クンにマンゴーをたくさん持たせてくれました。
私も大のマンゴー好きを知っていた旦那クンは
全部私の実家に持ってきてくれました。
あんなに大きくて甘くておいしいマンゴーは
今までもその後も食べたことはありません。

オレはいいよと大玉6個とも私にプレゼントしてくれた旦那クン。
後で、旦那クンもマンゴーがすきだったことを知りました。
その時、本当にキューンと来たんだよ。
私も、旦那クンが好きなもの今度はプレゼントするね
心で思ったことを思い出します。

そんなこんなで、今年も温かい優しさに包まれて
3回忌を迎えます。
この余りある優しさに
旦那クン共々感謝しています。

ありがとう。


想い出に生きる

旦那クンのお友達から
不信感がぬぐえない依頼を受けて1週間。

旦那クンのお葬儀の日、東京から夫婦で駆けつけてくれた
火葬場で男泣きしてくれた
その後も旦那クンと私を大切な友達として
お付き合いしてくれていたのに・・・

どうしても、どんなにいい風に解釈しても
疑問がわきあがった。

もう3回忌が目の前なのにどうして・・・
それが一番悲しかった。

旦那クンはどんな思いで、この依頼を聞いたのだろうか。

そんな中、昨年退職した同僚2人から
旦那クン宛てにお花が届いた。

勤務時間中だったんだけど、お上たちは打合せ
ふと携帯を見ると伝言が入っていた。

お花やさんからお届け連絡だった。
名前を聞いて、涙が出た。

離れていても、気にかけてくれる人がいる
それが本当にうれしかった。

旦那クンを覚えていてくれて
私を気遣ってくれて、本当にありがとう。


毎日本当にへこたれそうだけど
ストレスで忘れかけていた、お友達への感謝の気持ちを
改めて思いだしました。

以前、旦那クンが
「ぴょんこは想い出に生きるタイプだね。
でも、オレは未来しかみていない。
過去の想い出は大切だけど、その想い出にひたることは
あんまりないなぁ。。。」
というようなことをいっていた。

こう言われた時、すごく後ろ向きなことを言われた気がして
ちょっぴり不満だったけど
今の私はまさに想い出に生きている。

旦那クン。将来のことを考えることも大切だけど
想い出に生きるのも悪くないよ。

憧れの我が家

2年前の今日、多分日曜日だったと思うのですが。。。
旦那クンと私は大きな決断をしました。

以前、このブログに書いたマンションを
買う!!と決断した日です。

結婚して2年7か月。貯金なしで結婚した私達は
マイホームはまだまだ先。
いざ欲しい時じゃいい物件があるかどうかもわからないし
何より、楽しいぉデーティングだよねー
なんて言いながら、いろんな物件を見に行きました。

私の旦那さんは金融関係&税務関係の
仕事をしていたので、不動産の知識は抜群
物件の場所から、施工主から管理会社・・・
私では絶対わからないことまで、詳細に調べては
蘊蓄を語っていました。

私たちの買える金額で、条件に見合う物件が
すぐ見つかるはずもなく

自分たちも買うつもりもなく・・・でした。

2月の末にたまたま旦那クンが見つけた物件。
「ぴょんちゃん、見にいかない?」という旦那クンのお誘いで
車を飛ばして物件を見に

六甲の山の麓に位置するこのマンションは
六甲の山並みから神戸湾を一望できる
すばらしい景色をベランダから眺めることができました。
私が望んでいた低層マンションですが
海抜100mはあろうかという高台にあるので
平地の高層ビルよりずっと高い位置にありました。

このベランダから夜景を見ながら
ワインなんて飲みながら
「綺麗だねー」って言うのかなー

本当に興奮しました。

次の日は仕事だったし、そろそろ帰ろうと
あの急な坂を下りきったにもかかわらず、
「ぴょんちゃん、もう一度のぼってもいい??」

「うーん、遅くなるけど、いいよ!」
っといって、私たちはずーっと六甲の山並みと
そこに続く神戸港を眺めていました。

不動産屋さんに行って、ちょっとお話を聞こうよと
旦那クンが行ったので、ほんとにお話聞くだけかと思ったら

旦那クン、「買います!!」

本当に驚いたし、ぞくぞくしました。

旦那クンは大学時代を京都
その当時は大阪に住んでいたので
そのマンションに引っ越したら、三都制覇だねー
なんて話ながら、二人とも興奮していました。

本契約の2日前に旅立ってしまったけど
沢山あった夢の一つを実現した・・・と思ってくれてるかな。
大好きなドイツ車は買ってあげられなかったけど

ドライブがてら、あの景色を見に行ってるかな。

母が一緒に行ってくれると言っていたので
暖かくなったら、母と歩いてみようかなと思っています。

医療費

医療費・・・なんて書くと仰々しいお題なんですが
ただ単に、高いな~というだけです(笑)

2月からちょっとした通院が多くて
年2回通っている内分泌内科を皮切りに
眼科2回
歯科1回(これから毎週になってしまうのだ

1回行くと結構するのよね。
ボンビーがより一層ボンビーです(><)

そのほか、この間NHKの「ためしてがってん」で
コリコリに関する番組が放送されていました。
コリはただその部分が凝っていることなんですが
コリコリは慢性になってしまい、凝った部分ではなく
別の部分に痛みが生じてしまうそうです。
その、コリコリのもと・・・凝っている部分は
トリガーポイントと呼ばれていて
そこにきょ局所麻酔を打って
脳から出る痛みを感じる指令を一時的にストップさせ
治療していく方法があるんだそうです。
ペインクリニック(麻酔科)で治療してくれるのだそうです。

私の理解が間違っていたら困るので詳細はこちらをどうぞ
     ↓     ↓      ↓      ↓
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090304.html


話は変わるのですが、週末から今まで悩んでいる
大切な友達から受けた依頼。
本当なら助けてあげたい。
旦那クンを大切に思ってくれる親友クン。
いつまでも、このご縁を大切にしたい。

そうだからこそ、悩んでいます。

でも、本当に本当に悩んで、
誠意を持って断ろうと75%くらい心を固めました。

親しき仲にも礼儀あり

助けたほうが、きっと、縁が切れてしまう。。。。

そう考えています。

旦那クン、君だったらどうした?
きっと、わかってくれる、と信じてる。

この依頼を受けるのなら、
北海道の両親に何かしてあげた方が
君はきっと喜んでくれると、信じてる。


旦那クンへの贈り物

今日は穏やかな日でした。
会社のことを思い出して悶々とすることもなく
3回忌の手土産も発注したし
時間連絡もしたし
お寺には母が電話を入れてくれたし(汗)

後は、大掃除ひょぇぇ、それが大変だ!

朝、起きたら、玄関に不在届がおいてありました。
見慣れない苗字・・・んん??

・・・・・・・・・・・・・・???

あ、昨年1月で寿退社した年下の先輩だ!

ご主人のいる名古屋に引っ越しした彼女。
もう、会社も退職したし、引越しするし
お供えも最期だね・・・と言っていたのに。

前回いただいたのは忘れもしない3/13
1周忌をひかえていたにもかかわらず
何もかものイベントを控えていた私が
あの日から初めて参加した日でした。

セリーヌディオンのコンサート。

二人で感動の余韻に浸りながらの帰り道
おもむろに「ぴょんたろクンに」と
大好きなヴィタメールのお菓子の詰め合わせを
差し出してくれました。

申し訳ないと思いながらも
旦那クンのことを覚えてくれて
こんな私を心配してくれて
感謝の気持ちがいっぱいでした。

息子くんや室長の色紙に使うイラストを
お願いしたのも彼女。

10年の交際を経て、スタート地点に立った彼女。
私は彼女にどれだけ支えてもらっているのだろう。。。

自分を大切な友達と思ってもらいたければ
自分がその人を大切にしなくてはいけない。

旦那クンに教えられ、そして彼女に教えられました。

私も、人を大切にできる人に・・・
そして、人として必要とされる人になりたい。

改めて思った一日でした。
 

いろいろ③

「いろいろ」もvol.3まで来てしまいました。

・・・と言って、この内容は深く書けないのですが。。。

私はどんな悩みも
自分の中で噛み砕いてから人に相談するタイプ。
一度、人に相談できるくらいになると
その後はわりとオープン。

オープンになったのには理由があります。
接客業を通して、
「自分に心を開いてもらいたければ
まず、自分が心を開かなければいけない」
と思ったからです。

これは何も人に言えないような悩みというような
重いお話ではなくてもです。

私は、美術館や博物館、その他の観光施設での
案内経験があります。
お客様を集めて、美術品や観光施設のご案内をする時
お客様はたいてい私から遠く離れて
様子をうかがっていらっしゃいます。
そのお客様を取り込みたい!
そのために、ちょっぴり自分を少しオープンにして
親近感を持っていただくようにしていました。
案内の途中に「へぇ~」とか「そうそう」という
相槌が出てきたら、心の中でガッツポーズ
反応がいい時は、自分も嬉しいし
解散する時、「楽しかったよ」とか「想い出になった」と
おっしゃっていただけたりします。

恐らく、私がオープンになったのは
そこが根源だと思っています。
(かなり、素養はあったと思いますが・・・汗)

旦那クンはどちらかというとオープンではありません。
自分の心を許した人には
ものすごく自分のことを話したくなるみたいですが
至って控え目、用心深いところがあります。

だから、オープンな私を見ては
「ぴょんちゃん、そこまで言わなくてもいいんだよ
 ハラハラするよ。。。」
って言われてました

話がそれてしまいましたが
文頭でボーンと書いてしまうと
おったまげるので、最後の方で少し。

返事に困る依頼を受けました。
そんなお願いを受けたのは
生まれてこの方はじめてのことです。
この私に、どうしてそんなことを頼むのか
本当のところ、理解に苦しみました。

ですが、依頼者は主人にとっても私にとっても
かけがえのない大切な人なだけに
お返事に悩みました。

お断りしても縁が切れそうな気がしたし
お話を受けても縁が切れそうなきがしました。

悩みに悩みぬいてメールを返信しました。

依頼した理由も聞いていないので
非常に不安だったけれど
「あたたかいお返事をありがとう
追って、また連絡します」と帰ってきました。



人生にはいろいろあります。
間違えてしまうことも、時にはあるでしょう。
でも、これからもご縁は続きそうです。

良かった。
こうしてここに書くことができるのも
事が良い方向に向かっているから。

そして、こんな重い話を聞いて
旦那クンと私の気持ちを汲んで
怒ってくれた友達。

話を聞いてもらわなかったら、
このご縁を続けられなかったかもしれない。

ありがとう。

いろいろ②


金曜日は、3か月以上ぶりに、弁護士事務所に
打合せに行きました。

こんなに時間がかかってしまったのは、
私が北海道の両親に、前回の打合せの話を
切り出せなかったからです。

医療過誤裁判は刑事事件として取り上げられることは
ほとんどありません。
つまり、民事裁判で相手を訴える以外に
手立てはないのです。
それは、つまり、損害賠償ということです。

日ごろ何気なく耳にする言葉ですが
いざ、自分の愛する人の損害賠償
それを自分の考えの及ばないところで査定され
それに対して被告側でも査定し
金額として提示されるわけです。

旦那さんの価値ではないとわかっていながら
言葉にならない思いがあります。

私は本当に無力。

人の将来を金額で表す腹立たしさ。
旦那クンはそんなもんじゃないって
でも、そんなお金いらないって
言いたかった。

そんな慰め金なんて、慰めになんてならない。
そんなお金なんて、旦那クンのためにも
自分のためにも使えない。

すごくけがらわしいものに思えた。

それでも、損害賠償金を支払うということは
相手が過失を認めたということ。
ある程度の謝罪が望めるということ。

これは非常に非常に大きいこと。


君たちが手を抜いたおかげで
旦那クンの将来を奪い
私の人生を狂わせたんだよ。


病院は損害保険に入ってて
病院にとっては大したことない保険料払って
保険金を支払ってもらうだけ。
少々保険料が上がるくらいで
痛くもかゆくもないんだよ。
まして、潰れたりなんかしないんだよ。


旦那クン。
すごくすごく心を痛めてるだろうね。
ごめんね。なかなか天国行けないよね。
私は旦那クンがここにいてくれることは嬉しいけど
旦那クンは安らがないんだよね。

愛する人の幸せを願う。
旦那クンの幸せが、私の幸せであるならば
私は旦那クンを安心させてあげなければいけないんだよね。

旦那クンの幸せを、何よりも祈っているんだよ、私も。

いろいろ①

来週に3回忌を控え、静かに過ごしたかったけれど
どうも、そうはいかないらしい。

ま、いつもの上司となかなかうまくいかないのはさておき
会社の息子くんの昇格&留任が決まった。
室長同様に予想外すぎて、本人もビツクリ
これで、私の所属の人は役付者が大半になった(ひょぇぇ)


1年間、一生懸命教えてきたスタッフの方が
ご主人の転勤の可能性が出てきたと打ち明けられた。
所属の経費・総務関係の担当者が退職し
急きょ、後任の方が決まるまでということで
わずか3日の引き継ぎ。
年度末でイレギュラーな業務が多いうえ、
きちんとした引き継ぎができるはずもなく
私が教えてほしいわ・・・と思いながらの仕事だった。
結局、職員の補充はなく、管理は私が担当に。

それでも、来てくださったスタッフの方と
いい関係が築きたくて、長く続けてもらいたくて
あまり厳しくして辞めてしまわれるし・・・
でも、これからのことを思えば、伝えなければいけないし
と一生懸命頑張ったつもりだった。

とてもいい人なんだけれど、ご本人はどう思って
いるのか全然わからなくて
本当は不安でもあった。

打ち明けられた時、正直なところショックだったけれど
仕事が嫌になったわけでも
人間関係が嫌だったわけでもなく
続けたいんです、ほんとはと泣いてくださった。
前の職場が本当に冷たくて転職したし
私がいたから頑張れましたと
もったいない言葉をいただきました。

彼女が働きたいと思ってくれただけで
泣いてくれただけで
それを、誰よりも先に私に話してくれただけで
また、頑張れる、と思った。

私にとって、仕事で一番大事なものは

       人。

彼女を大切にしたいと思う気持ちが
彼女に伝わっていたことがうれしかった。

退職が決まってしまったみたいな書きぶりだけれど
実はまだ未定の話。

彼女のご主人が留任されることを祈るばかりです。

へんなひと。~自分編~

昔からどんくさくておっちょこちょい。
うっかりやで、この性格を何度恨めしく思ったことか。(汗)

レジでお金を払っておつりをもらい、
肝心のモノはそのまま置き去り。。。なんて序の口だし
電車に乗るとき、ホームと電車の間に靴は落とすし
しかも何度も落としてるし
電車の出入り口に立っていて、扉が閉まる時
マフラーとか手袋落とすし

ワンピースのファスナー(横にあるファスナー)が
全開だったことも結構あるし

新しい服をおろしたら、値札つけて一日働いたり

くしゃみも犬のくしゃみみたいに「ぷっちょ ぷっちょ」言うし

忘れちゃったけど、へんなこといっぱいしてる。

よく、生きてこれたな~と思ったりする。

今日、じぶんのへんなこと書いたのは。。。

お風呂に入るとき、まず頭と体を洗って
湯船にジャボン。

その間にトリートメントを浸透させつつ
湯船で体を温めた後、トリートメントを洗い流し洗顔。

さ、最後にもう一度湯船に浸かろうっと思って
お風呂の蓋を開けたら・・・・
(冷めないように出る時閉めている)

お湯がなーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ。

お湯が流れる時、相当な音してるだろうに・・・
なーーーーーーーーーんで気付かにゃいのだ????

今日は自分の間抜け加減に嫌気がさしつつ。。。
まだ入っていなかった父のためにもう一度お湯を入れ直し。

旦那クンはこんな私のお世話をしてくれてたんだよね。
車にひかれそうになったり、突然こけたり
荷物落としそうになったら、助けてくれてたな。。。って思ったよ。

でも・・・
そんな私でも、ベタボレだったんだよねーーーーーっ(恥)

2度目の京都~続編~

月のぴょんやさんで、小色紙の注文やら
便箋・はがき等を買った後

・・・どこいこ???
ということで、前回の候補であった「ちどりや」さんへ。
三十三間堂や京都国立博物館の北側に位置しています。
関西で生まれ育ったというものの
意外とおのぼりさんなので
ガイドブック片手に、バス乗り場へ。
ほんと、すぐ着きました。
冬期は15:30受付終了とのことだったので
拝観時間がないかなぁと思っていたけれど
どちらともなく「行っちゃう~?」ってことで
駆け込みました。

ホカロンさんも私も、遠距離妻。
内心、お互いの主人に似たお顔の千手観音様が
いらっしゃったらどうしよう・・・なんて心配していましたが
(でも、私は会いたかったかも・・・)
千手観音様がかわいそうなほど、合唱団のように
ギュウギュウ詰めで祭られていました。
真ん中の大きな千手観音様がいて
その左右に小ぶりの千手観音様が合唱団のように
取り巻いているのですが
2列目より後ろは全然お顔が見えませんでした。
お顔も、インドの仏像の影響を受けているのか
少し日本人離れしたお顔だったかも。
(しかも、お顔の違いも微妙かも 笑)
それでも120mにわたり、並んでいる観音様は圧巻!!

三十三間堂の名前の由来は、柱の間が33あるから
だそうです。訪れるまで知らなかったのですが、
国宝と重要文化財ばかりでした。

その後、ちどりやさんに行き
ホカロンは鮮やかな色のかわいいシュシュをゲッツ(^^)

ちどりやさんって素朴なイメージがあったので
私にはちょっとセレブ価格でびっくり!
リップクリーム(試供品クリーム大)が
3,000円くらいするんですょー。
これが、シャネルやディオールだとそんなもんかと
思うのかもしれないですね。(苦笑)
ちどりやさん、ごめんね・・・と思いながら
お店を後にしました。

翌日は私が出勤だったため、そのことを気遣ってくださり
帰路に着きやすい京都駅へ戻りました。
伊勢丹には私の大好きなブラウニー専門店があり
甘党のホカロンさんを誘って
ブラウニーちゃんを堪能し、その後、小粋な焼き鳥屋さん
「こけこっこ」で焼き鳥を食しました。

どれもとっても美味しかったんですが
実はお話に夢中になりすぎて。。。
味の記憶が薄い・・・ひょぇぇぇ(^^)

どれだけモーレツにしゃべりまくってしまったんだー(><)

そんなこんなで、あっという間に
半日が終わってしまいました。

日曜日にさよならする時、前ほど寂しくなかったのは、
東京行きに向けて、いつ行こうか、どこに泊まろうかなど
最近考えているので、東京行きが現実味を帯びてきた
からかもしれません。

毎夏の旦那クンの足跡辿りは一人だったけど
今年はホカロンさんに会う楽しみができました。
旦那クンへの想いをかみしめつつ
この出会いに感謝してます

京都 ~月乃ぴょん屋~

週末はできるだけ旦那クンと過ごすようにしているけれど
今日は京都に行ってきました。
「お疲れ様‥夫と白血病と‥。」のホカロンさんが
関西に来られるということで
京都まで足を運んでくださいました。

今日は、待ち合わせ場所について書こうと思います。
前回、ホカロンさんが関西に来てくださった時に
行けなかったお店、「月乃ぴょん屋」というお店で
待ち合わせをしました。
名前でお分かりの通り、私のハンドルネーム
このお店からいただいています。
場所は京都伊勢丹の10階、中央エスカレーターの
右横になります。

このお店には深い深い思い入れと
深い深い想い出があります。
それは、5年前のプロポーズにさかのぼります。
岡山に行く約束をしていた私たちは
彼の愛車のゴルちゃん(フォルクスワーゲンGolf)に
乗ること1時間。
途中、道の駅でお弁当を食べました。
海の見えるとても綺麗なところでした。
さ、岡山に向けて出発というとき、
彼がおもむろにトランクを開け
小さなフラワーアレンジメントと何やら紙袋をくれました。
中には手紙と小さい色紙が入っていました。
うさぎのイラストの入った小さい便せん2枚に
彼の文字で素直な気持ちがつづられていました。

私と出会うまで、結婚を考えていなかった旦那クン。
あまりに急な展開で、婚約指輪も用意できなかったことが
申し訳なく思ったのでしょう。
うさぎの力をすこしだけ借りました・・・と書かれていました。

そして・・・
うさぎのイラストの色紙には
「これからの道は
  ふたりの道
    どんな道も一緒だよ」

と書かれていました。

このお花と手紙と色紙の3点セットを恥ずかしそうに
渡しながら、「結婚してください」と言ってくれました。

自分がどんなふうに返事をしたのかは
全く覚えていないのですが
キュンとくる手紙とキュンとくる色紙。
はにかんだ笑顔。
それだけで幸せでした。
この人は私のことを誰よりも大切に想ってくれている。
そして、私も彼を大切にしたい。
そう思いました。

結婚後、彼はどうしてもこのお店に
私を連れてきたかったのでしょう。
初めて2人で(電車で)京都に訪れた時
一番初めに立ち寄ったのが「月乃ぴょん屋」さんでした。

今、この色紙を見ていると、
彼はどうやってこのお店を見つけ
どんな風に色紙や便せんを探したのだろう。
それを考えるだけで
旦那クンが愛おしくてたまらなくなります。

天国に旅立ったあと、彼の引き出しを見ると
ぴょん屋さんで買った白紙のカードが
入っていました。
「もらった仁義は必ず返す。」と
書かれていました。

あの年のホワイトデーに、アナスイの定期入れを
買ってあげるねと約束してくれた旦那クン。
お葬儀の日、マンションを契約した後
買いに行く予定でした。
きっと、箱にそのカードを入れるつもりだったのでしょう。

1年後、私はアナスイの定期入れを買いました。
もちろん、旦那クンからの1年遅れの
プレゼントと思っています。

待ち合わせを、この想い出のお店に指定してくれた
ホカロンさんの粋なはからいに
感謝デス♪

そして・・・次は三十三間堂のお話をしたいと思います。






プロフィール

月乃ぴょんこ

Author:月乃ぴょんこ
旦那クンと私の人生を奪った
急性心筋梗塞と病院。
悔しいけれど
辛いことばかりじゃなかったね。
君に沢山のことを教えてもらったよ。

-いつか大好きな旦那クンに
会える日まで‥
その日を楽しみにしてる。
素敵な奥さんでいられるように-

色んな気持ちの足跡を残していこうと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。