スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/28 再び六本木へ

東京タワーを後にした私たちは、夕食予定地である
六本木に向かいました。

ホカロンさんと日曜日に見つけた靴屋さん「t-inaba」に寄りました。
以前は神戸にも店舗があったのですが、撤退してしまったのです。
私以上に外反母趾進行している母はとても喜んで
さっそく1足ご購入。
(後日、履いてみたら少し痛いようですが。。)

その後、もう一度旦那クンが3年前の今頃住んでいた寮に行きました。
母と来たのは初めてだったのですが
「ぴょんたろちゃん、ここにいたんだね。
話に聞いているより綺麗だね」と言っていました。

遅めのランチを取った私たちは、
これまた夕食が食べられなくなるのは悲しいからと
お茶するのをやめて、
ロブションの前のテーブルでゆっくり六本木の風に吹かれながら
なんちゃってロブション客と化していました(笑)

そんなことをしている間に、ホカロンさんから夕食ご一緒できそうとの
連絡をいただき、母娘一緒にワクワクしながら待つことに。
月曜日の夜だったこともあり、お店は直前の予約OKでした♪

香港茶楼というお店でテーブルオーダーバイキングに入店。
ホカロンさんより一足先に入った母と私は
エビが美味しいよねとか、お野菜も美味しいよねとパクパク♪
ホカロンさんはお仕事の後、駆けつけてくださいました。

人慣れしない母は「もう、そんなこと言わんといてよ」みたいなことを言って
ハラハラした場面もありましたが(私が一人でヤキモキ
ホカロンさんの大人で優しい対応で、場を和ませてくださいました~。
ごめんなさいね~、ホカロンさん。
それでも、やっぱり楽しく穏やかな時間は
矢のように早く過ぎてゆき
明日もお仕事のホカロンさんを長くひきとめてしまいました。

東京にいる間は本当にお世話になりました。
また、お世話になりますね♪
そして、また関西にも遊びに来てくださいね。

2日余り、ずっと一緒にいても穏やかで自然体でいられる
友達はそう多くないのではと思います。
もっと住まいが近くであればいいのになぁと
思わずにはいられませんでした。

これで、今回の東京旅行のお別れになりました。
母もいい友達ができて良かった・・・と
心から言っていました。



ホテルは・・・お昼間の予想以上に良かったです。
写真をアップできないのが残念!!
外観とは全然違って重厚な内装。
レディースフロアならではのアメニティグッズや設備。
ベットのそばにはトリュフのチョコレートが
置かれていました。

窓から見える東京タワーが12時に消えるのを見届けた後
お風呂に入り、東京最期の眠りににつきました。

スポンサーサイト

9/28 母と合流

とうとう出発の日が来てしまいました。
ホカロンさんも出勤・・・
土日は私にお付き合いくださったし、
足が棒になるほど歩いてしまったし
きっと寝不足だろうし、この1週間はほんとしんどいだろうな。。。
と心配になりながらも
自分が出勤の足手まといにならないように・・・

無事に用意が整い、ホカロンさんは会社へ
私はその日宿泊予定のホテルに向かいました。
この時は全然お別れした感じはありませんでした。
それは・・・
夕食を私の母とご一緒できるかもしれなかったのです

ホカロンさんとは別の駅に向かい、その後、
ホテルの最寄駅がある大江戸線に乗り換えました。
大江戸線はとても新しい路線らしく、座れるかな~なんて
思っていたけど、甘かった
満員電車にスーツケースを持って、乗り込むのも気が引けて
数本見送って、満員度数が少し低くなったところで乗り込み
ホテルに向かいました。

実はこの日のホテル、系列のホテルのイメージが良くなかったので
直前までなやんだのですが・・・
女性の心をくすぐる設備がそろっていたことと
一泊の料金が他の候補のホテルより格段に安かったことから
結局変更せず。

過度の期待はなかったものの、新しいタワーホテルで力を入れていると
口コミにも記載があったので、どうかな~と楽しみにしていました。

到着すると、シティーホテルにしては狭いエントランスに
外国のツアー客と思われる方が沢山
ワヤワヤ ワヤワヤ フギャフギャと
大きな声でしゃべりながら群がっていました。
しばらくロビーで静かに過ごしたいと考えていた私はイライラ
あんまりイライラしたので、ホテルを後にし
母との待ち合わせの時間まで過ごすためカフェに入りました。

東京の移動は時間が読めず、
近そうだから大丈夫よね~とモーニングのトーストをほおばりながら
乗り継ぎを調べていたら、すでに間に合わない時間になっており
慌ててコーヒーを流し込み地下鉄に向かいました(汗)

その後、母と合流し、祖父母の眠るお墓へ。
お寺の敷地内にある小さい墓地なので
長居することはできませんでしたが
母が買ってきてくれたかわいいお花を生けて
暫く手を合わせました。

母も前日の長旅で疲れていたらしく
重い足を引きずってホテルへ向かいました。
私が予約したプランはチェックインが17:00~だったので
荷物だけ預けてランチに行くことにしました。

朝は騒々しくて、ソファーも汚れていて残念に思ったけれど
静かになったホテルに改めて入ると
朝の印象よりずっと良かったです。
母も好印象でひとまずホッ

今回の旅行が決まり、母がとても楽しみにしていた東京タワー
ホテルの最寄駅に降り立つと、予想以上に大きく見える東京タワーが
私たちを迎えてくれました。
おそらく相当疲れていたんじゃないかと思うけど
「大丈夫♪行きたいな」という母の言葉を信じ
ゆっくり歩いて行きました。
大きい東京タワーに感動する母も、やはりしんどかったようで
ランチのため喫茶店に入りました。
東京タワーの展望ロビーに上がると、
(150m地点だったので)高さはそれほどでもなかったけれど
360°東京のビルがそびえる街並みを見渡しながら
「中学校の修学旅行以来よ~」と
喜ぶ母を見て、ちょっとほほえましく思いました。







9/27 2年前の道~広尾⇒麻布十番⇒六本木

東京ライフ2日目は、前日より1時間ほど早く起き、
ホカロンさん宅を出発
まず初めの目的地、広尾に向かいました。
2日目は旦那クンの足跡をたどるお付き合いをしてもらうことに。
旦那クンの会社の寮が六本木にあったことから
休日の空いた時間、私がいなかった時間を使って
ウロウロ歩き回ったそうです。
旦那君との会話、メールや遺された名刺(お店の)を元に
今まで辿ってきたのですが、その中のひとつ、
広尾の「明治屋」。六本木にも明治屋はあるけど
広尾のじゃないとだめだった(笑)
「今日は広尾の明治屋にいったんだけどね、
芸能人もよく来るらしいよ」と受話器の向こうで報告してくれた
旦那クンを思い出す。

そして、旦那クンが1カ月に1回通っていた麻布十番の理髪店。
お寺のそばにある理髪店。人通りの多い道に面していたせいか
前回訪れた時も人がたくさん立っていて、
写真に納めることはできなかった。
今回も残念ながら。
麻布十番のような開けた場所でもやはり変わっていくんですね。。
9/24オープンの洋菓子屋さんがあり、
洋菓子好きのホカロンさんと私は早速中へ。
小じんまりした店内には可愛いケーキや焼き菓子が
並んでいました。
ここではホカロンさんがかわいい焼き菓子の包みをゲット
少しずつ少しずつ変わっていくんだなぁと
ちょっと寂しい気持でした。

理髪店をまっすぐ進み、赤い靴の女の子の銅像前を右に曲がると
沢山カフェやレストランが並んでいました。
そろそろお腹もすいてきていたので
とっても雰囲気のあるお店「ラ・パレット」という
フレンチのお店に入りました。
選べる前菜に選べるメインとデザートという軽いコースで
1,500円という麻布十番のフレンチにしては
とてもリーズナブルで、とても美味しかったです。
美味しいからでしょうか、小さい店内はずっと満席でした。

お腹も満たされた後、「東京ラスク」「麻布かりんと」に立ち寄り
私は東京ラスクでシュガーとメープルを
ホカロンさんはガーリックと言ってたけどチーズペッパーにしたような。。
麻布かりんとでは私は購入せず、ホカロンさんが何やらゲット♪
かりんとは父が好きなのですが、今巨大化していて
ダイエットしてもらわなくてはいけないので購入を控えました(笑)

この辺りで結構足にきてたんじゃないかな・・
申し訳ないと思いつつ、最終目的地である六本木へ。
旦那クンの寮は住所は麻布なんだけれど
六本木の方が近いのです。
何度か寮の旦那クン宛に封書を出しました。
お誕生日のメッセージカードだったり
頼まれものの証明書だったり。。
旦那クンの旅立ち後、私が送ったカードは
旦那クンの引き出しにしまってありました。
今は旦那クンのリビダイ(リビング&ダイニング兼書斎であるお仏壇)の
引き出しにしまっています。
2年前も昨年も寮の扉をたたき、寮長さんにご迷惑をかけたので
もうこれからは扉をたたくことはありません。
ただ、門の外から旦那クンが過ごした建物を眺めるだけです。
ありんこがいっぱい出て困るんだ・・と嘆いていたことが
昨日のように思い出されます。
そういえば、電話するねと言いながら
そのまま寝てしまった旦那クン。
朝に必ずごめんなさいメールが来たけど
寝てしまった日の朝は知らん顔してたな。。
けど、その頃から胸痛や息苦しさあったんだよね。
なんで、もっと深く調べなかったんだろう。
なんでお医者さんも検査してくれなかったんだろう。。
あのころに戻れるなら、お医者さんにしがみついてでも
調べてもらっただろうに。
そうすれば、旦那クンは今を生きていただろうに。。
そんなことを考えていた。

六本木ヒルズを通り抜け、ミッドタウンへ。
ミッドタウンは旦那クンが東京にいたころは
まだ建設中だった。
新しいもの好きの旦那クン、
ちゃんと私と一緒にきていただろうか?
テレビでみたミッドタウンの景色が目の前に現れ
お茶をしようとお店を探した。
もちろん「トシ・ヨロイヅカ」は1時間待ち。
新婚ホヤホヤ幸せビームの出ているオーナーのお店だから
ちょうど良かったかな?入れなくて(笑)

そのあと、IDEEのカフェに入りました。
IDEEの商品たちはとっても高級品だったけど
カフェは意外と良心的な価格♪
そして、店内併設のカフェからは
ミッドタウンの中庭のような入り口が見えていい感じでした。

その後、四谷から少し歩いたところにある
タイ料理屋さん「ジャスミン・タイ」に入りました。
住宅街の一角にあるこのお店。
店員さんは皆タイの方だった気がします。
香草(特にコリアンダー)も使われていて、手が伸びなかった
お料理もありましたが、それ以外はとっても美味しかったです。
こんなわかりにくい場所にあるにも関わらず
店内は満員御礼でした。
私たちの近くにはお医者さんもいらっしゃったようで

(医者をすべて否定しているわけではないけれど
今まで信頼できるお医者さんに出会ったことがないので)
ホカロンさんが医者嫌いの私を気遣ってくださいました。

ただ、その一人が(ぱっと見ですが)
少し旦那クン風な感じな気がしましたが
怖くて見ることはできませんでした。
ま、旦那クンの方が男前であることは間違いありませんが(笑)


そんなこんなで日曜日の夜も更けていきました。
いよいよ翌日はホカロンさんのお宅を離れます(涙)

ホカロンさん、こんな素敵なお店でごちそうしていただいて
3泊もお世話になって。。。そして。。。
色んな気持ちにお付き合いくださって
有難うございました。
そして、また来ますね~♪




9/26 新宿~表参道

ホカ夫くん宅を後にした私たちは新宿に上陸。
ぐるりと新宿駅の周りを回った後
さくらや(電器店)でくるくるドライヤーを買った後
サザンクロスのクリスピークリームドーナツへ行きました。
待ち時間20分に、どうしようか悩みましたが
結局並ぶことにしました
待っていると、お店の人がドーナツを一人一つずつ配ってくれました
売り物のドーナツと同じものだったので
こんなの配ったら売れなくならないのかな??
なんて話していたのですが
折角ドーナツをサービスしてもらったし
これだけ並んでお茶だけというのも申し訳ないしということで
一つずつドーナツを頼みました。
こんなに食べられないよね・・なんていってたけど
ミルクの香りのするふんわり柔らかいドーナツ。
するっとお腹に収納されました
美味しかった~

そのあと、新宿のオフィスビル街へ夜景を見に行きました。
まず目指したのは「新宿三井ビル」
ここは、3年前の10月に旦那クンと訪れた場所です。
新宿駅から三井ビルまでの道のりの記憶も
かなり鮮明にあって、我ながら驚きました。

旦那クンが会社の方と行った「三井クラブ」
そこで旦那クンと私と、当時東京にいた旦那クンの弟夫婦と
ランチを共にしました。
三井住友の関係者でないと利用できないので
中をうかがうことはできませんでしたが
その時の記憶がよみがえり、ほんとにほんとに懐かしかったです。
今回の上京で、こんなところも行けると思っていなかった!!
ホカロンさん、本当にありがとう。

その代わりではないのですが、
その隣にある新宿住友ビルの展望ロビーで
夜景を楽しむことになりました。
3年ほど前に見た景色の記憶と合わさって
懐かしくて旦那クンに会いたくてたまらなくなりましたが
こんな気持ちになれたことを嬉しく思いました。
旦那クンの生きた証を辿れたということだから。
ホカロンさんの初々しい高校時代の思い出も
聞かせていただいて、また一つ思い出が増えました♪

そのあと、表参道にある「糖朝」という
中国料理のお店に向かいました。
表参道はこれまた思い出の場所です。
ここは私が訪れるのに勇気のいる、数少ない場所です。
特に心が乱れるわけではないのですが、
表参道ヒルズはちょっぴり勇気が必要です。
今回は行きませんでしたが、地下鉄から見た景色は
やはり鮮明に覚えていました。
この記憶力、もっと違うところで活かせたらいいのに・・(笑)
「糖朝」は表参道の駅からほど近いところにありました。
本当はここで有名な「マンゴープリン」を食すつもりでしたが
時間も20時になっていたことから、食事をいただくことになりました。

コース料理をお願いしたのですが、どれもとっても美味しかったです!
写真をアップすれば、美味しさもお伝えしやすいのですが
接続コードがいま旅に出ていること(行方不明 )と
写真を撮る前に食してしまったため、
写真を撮り忘れておりました・・残念。
マンゴープリンは出ませんでしたが
デザートのマンゴー入り杏仁豆腐、めちゃくちゃ美味しかったです。
とろーりマンゴーとなめらか濃厚な杏仁豆腐が
絶妙なハーモニーを奏でていました♪また食べたいです!!

お腹がはちきれそうになったところでお店を出て
表参道からずーっと歩きました。
散歩した辺りは東京なのに緑が多くて、
素敵なレストランやカフェもあって、流石東京
あっぱれ!!でした。
この辺りはホカ夫クンとの思い出も多いそうで
思い出話を聞きながら、素敵なお散歩を楽しんでいる間に
夜は更けていきました。




9/26 ホカ夫くんとのご対面

ホカロンさんのお家が東京にあることは知っていたのですが
こんなにいいところだとは
ほんとに驚きました~♪

まずは、私が楽しみにしていたホカ夫くんとのご対面
             &
ホカ夫くんコーナーの初披露

遺影の感じは今まで抱いていたホカ夫クンのイメージとは
少し違っていました。
(ホカ夫くんのお写真は拝見していたのですが・・)
私の第一印象以上にすごくすごく穏やかそうで
ホカ夫くん株急上昇(笑)
お二人の温かな夫婦像が容易に想像でき、
お元気な時にお会いしたかったなぁと心の中で思いました。

そんなお二人のお宅で一晩目を過ごしました。

朝は少しゆっくりさせてもらい、10時前に起床しました。
ホカロンさんはすでに稼働していて、洗濯物をしてくださってました。
私の長ーーーーい準備に、改めて驚かれながらも(苦笑)
いつものとおり化けの皮を被り
いざ、出発

まずはブランチよね ということで
「カフェ・シェーキーズ」に入りました。
ホカロンさんはピザのワンプレートランチ
私はサラダランチをオーダーしました。
食べることに必死だった私、またも写真を撮り損ねました・・

1時間くらいまったりした後、いよいよホカ夫くんのお家へGo~
色々電車を乗り継いで、てくてく歩いたところに
ホカ夫くんのお家はありました。
道を曲がるとひょっこり現れたバラのアーチと
きれいに、ほんとにきれいに手入れされた
お庭のような霊園でした。

雑巾も、花きりばさみも用意されていて
至れり尽くせりでした。
私が知っている霊園のイメージとは全く違い
長くそこにいたい・・・と思えるような明るい場所に
いいな~って思いました。

ホカ夫くんのお家はそんな中の一角にありました。
素敵な言葉と素敵な絵が描かれていて
ホカロンさんの気持ち、ホカ夫クンの生きた証を感じた気がして
涙が出そうになりました。
ホカロンさんが持参したかわいいヒマワリを飾り
少しお掃除をした後、しばしホカ夫くんを交えて歓談しました。

そう、この日はホカ夫くんの月命日
この日に一緒に来れて良かったです。

そこにあるお墓はやはりデザイン墓といわれる形で
遺された人の思いがいっぱい詰まったお墓ばかりで
お墓の暗いイメージが払しょくされましたょ

いつか、旦那クンのお家を建てる時
こんな素敵なお墓にしたいな・・・と思いました。

休憩所でお茶をいただき、しばらく休んだ後
最寄駅に向かって出発
往復とも特急に乗れて幸先よいスタートでした~

9/25 いよいよ上京へ

シルバーウィークに入ってから、
上京のことで気持ちはそわそわ・・・

ちゃんと飛行機の時間に間に合うかなぁとか
仕事、ちゃんと終わるかなぁとか
不安だったけれど、なんとかバタバタ片づけて
出にく~い雰囲気の中、そそくさと空港へ向かった。

久しぶりの伊丹空港で、旦那クンを東京に見送りに行ったことを
思い出しながら、いそいそと搭乗口へ。
もう既に搭乗する人が列をなしていたので
列の後方に並びました。

遅く搭乗=席上の荷物入れは既にいっぱいになっており
泣く泣くかなり前方の荷物入れに・・・。
東京の待ち合わせ場所に少しでも早く到着できるように
スーツケースを機内持ち込みしたのですが
到着後、なかなかスーツケースまでたどり着けず、
機内持ち込みしたことをちょっと後悔しました~。

8:50過ぎに浜松町駅に到着し
迎えに来てくださった会社の上司と2年ぶりのご対面
上司・・・とはいえ、本当にフレンドリーでパワフルで
私のお姉さんのような方です。
今回の上京でも、お店をセレクトしてくださったり
浜松町駅まで迎えにきてくださったりと
とても気遣ってくださいました。

その他のメンバーを待つこと45分。
続々とメンバーが登場
(といっても2人なんですが 笑)

みんな久しぶりだったけれど
時の流れを感じさせないくらい楽しかったです。

そのあと、ラグビー観戦したホカロンさんが
品川までわざわざ迎えに来てくれました
お疲れなのに、ありがとうございました!!ホカロンさん
東京は六本木と丸の内くらいしかわからない私を
ホカロンさんのお家まで連れて行ってくださいました。

半年ぶりだったのに、ほんとはお会いするのはまだ3度目なのに
なぜかお付き合いの短さもブランクも感じない。
本当に不思議だなぁと思います。
これからはじまる3日間の東京ライフ、お世話になります!!

ア~トな一日?!~体験講習~

昨日はジェルネイルの体験講習に行ってきました。

もともと、ネイルなぞ全く興味がなく
ポリッシュ(普通のマニキュア)ですら、ほとんど塗らなかった私。
若かりし頃、デートの時でもほとんど塗った記憶はありません。

爪はすぐ2枚爪になっておれてしまうし
ピアノをしていては伸ばせないし
頑張って塗っても、よれたり傷ついたりして
頑張った成果が感じられなくて・・・

それが・・・
ある時、母の爪を見たら、私以上にぼろぼろ・・・
あー、家の家事を一身に引き受けてくれてる手だ・・・と
申し訳ない気持ちになったので、マニキュアをしてあげたところ
上手でもないのに、ものすごく喜んでくれました♪
こんなに喜んでくれるなら、もう少し!!と思ったのが
今回の体験講習受講のきっかけでした。

ギャルギャルした子や若ーい子ばかりなんじゃ・・・と
少しドキドキしながら行ったけれど
集まった4人は普通な感じの4人でひとまずホッ。
初めて同志なので何を話していいかも困ったけど
先生がひたすら「和気あいあいとー」とおっしゃっていたので
頑張りました、一番!・・・たぶん。。(><)

その後の継続講習のことを率先して聞いていたのは
私だったのに、お隣の方が申し込み予約しておられました♪
兼業主婦で、ものすごくさっぱりされた方で
一番ぶきっちょさんな感じだったので、ちょっとビックリ!
私も!と言いかけたけれど、約束の時間が迫っていたことと
もう一度考えてから・・・ということで
申込書だけもらって帰ってきました。

初めてさんのジェルネイル。
2時間で10指して帰れるのは当然って思っており・・・
ホカロンさんとお会いする時に「ほらっ」とお見せできると
思っていたのですが、結局出来たのは片手の5指。
取るのも時間かかるのに、片手だけ?!と切なくなりました。

その後、お友達とお茶しているときにどんどんはがれおち
夜には全部なくなってしまいました(><)

ま、中途半端だったので、ショックもそれほどありませんでしたが
悔しかったので、帰宅してから自分でしなおしました。

え?!
ジェルとかUVライトなんかの道具はって?

はっはっは。
何事も形から入るこの私。
もう、スターターキットご購入済だったのです。
こんばんは母の爪にジェルを乗せるつもりです♪
もちろん、高度な技はできないので
一色塗り&スワロちょっと乗せくらいですが。

アウトレット

今日はまたまた母とともにアウトレットへ行ってきました。
母が東京に行く服が欲しかったらしく
前回、気に行ったものがあったので
今回もゲットするっ♪って意気込んでたようです。

私はシルバーウィークの家族連れやカップルの波に溺れないよう
今日は静かに引きこもろうか・・・と思っていたのですが
何となく外出準備をし(化けの皮を被る=お化粧&髪の毛)
1時過ぎに家を出ました。

今日は父が趣味のため外出していたので電車で行きました。
歩いていると道が大渋滞していたので、かえって良かったです。
ちょっと運動にもなったかも。


前回、前々回は新しくオープンしたところばかり回っていたのですが
今日は昔からある建物からまわりました。
そこは旦那クンとも何度か来たことのある場所で
あの時ここで一緒にクッション見たな・・・とか
このお店で掛け時計かったよね・・・とか
当時のことを一人思いだしていました。
ここは鶴見のアウトレットと同じブランドがたくさんあって
(同系列だから当然なんですが・・・)
鶴見のこととかも思いだして、ちょっぴり甘酸っぱい気持ちになりました。

何気ないデートだったけど、意外と鮮明に覚えているもんですね。

そして・・今日は私が結構沢山収穫しました。
ワンピース、カットソー、パンストたち・・・。
これだけなんだけど、おとついも収穫しているので気をつけないと。。。
シルバーウィーク前にお給料を下してしまったので
気が大きくなっていたようです。反省♪

盗み見

昨日、以前手続きしていた搭乗券の2次元バーコードを
母の携帯に送信した。
母は全くの機械音痴。
全く受信と返信(受信したメールの返信)しかできない。

しかも、誤字脱字はいつものこと。
文字の変換もおぼつかないらしく
誤って変換した文字を修正することができないので
全く意味不明のメールが送られてきたりする。

まぁ、家族としかメールしないからいいんですけど。。(><)

そんなこんなで私が母の手続きの準備をするのは自然な流れで
当たり前のように受信ボックスをあけると・・・
私以外の受信歴が!!!!!!!
と思ったら父でした。
父はiモード契約していないので、メールができないのだが
ショートメールという機能をどこからか仕入れてきた。
(携帯何年契約してるの???という感じですが 汗)
ショートメールが嬉しくて、母にメールを嵐のように送ったらしい。
たった3日で「大好き」が2回・・・。
新婚?と思うようなメールに、かなりびっくりしたけど
いつもきんぎょのうんちみたいに母にくっついている父だから
想像に難くないか。

でも結婚○十年で、今も大好きって言ってもらえる母が
かなーーーーーーーーーーーーーーーり羨ましかった♪

沢山けんかもしたし、いっぱいたたかれたこともあったけど
いい形の夫婦になれて良かったね。

きっこおばちゃんのお墓参り

母の妹のお墓参りに行ってきた。
母の妹は昭和55年にわずか31才で天国に旅立った。
癌だった。
母の妹、きっこおばちゃんの闘病は妊娠中にさかのぼる。
妊娠中、ずっと胃痛を訴えていたそうだが
妊娠の痛さと病院から言われていたそうだ。
出産した後も痛み、しんどさが治まらず病院に行ったら
胃癌だったそうだ。
癌=死だった当時のこと、告知するはずもなく
胃潰瘍と告げて、胃と膵臓を全摘したそうだ。
7年(根拠は知らないが・・・)再発しなければ大丈夫と
言われた7年後、再発した。

スキルス性の癌だった。
病気はみるみる進行していった。
何度も何度も繰り返される手術。
お腹を十字に切った縫い痕。
内臓がほとんどなくなるほどだったから
何カ月も何も食べられなくて、どれだけ辛かっただろうに。。。
お見舞いに行った私たちの空腹を気遣ってくれたことを
今でも覚えている。

その時、こんなに苦しんで頑張っても助からないなんて
なんて神様は不公平なんだろう。。
癌を恨んだし、絶対なりたくないと思った。

おばちゃんの思い出は結構あって
お料理上手、手芸上手、ほんとにやさしくて丸顔。
長期休暇で泊まりに行くのがほんとに楽しみだった。
丸顔と、ちょっとぼぉっとした雰囲気が私と似ているのだが
似ているところはそこだけなのに、なぜか自分も
きっこおばちゃんと同じ年になったら、きっこおばちゃんに会える
って信じて生きていた。
それが・・・そんな年はとおに越してしまったけど。。

でも、おばちゃんの子供(いとこ)に、おばちゃんに似てると思ってた
と言われた時には、我ながら驚いた(笑)
嬉しかったんだけどね、おばちゃん大好きだから。

考えると、旦那クンも32歳と4カ月で天国に行ってしまったから
おばちゃんと近い年齢だったんだね。
なんだか私の代わりに行ってしまったのかな。。
考えると悲しくなるからやめとこ。
おばちゃんのお墓の前で、旦那クンをよろしくってお願いした。
きっと、天国でも慕われてるんだろうけど、すごく先輩だし頼れるよね。
おばちゃん、「いい人と結婚したんだー」って言ってくれてそう(笑)

おばちゃんのお墓は六甲の山の中腹(までいかないか・・)にあり
六甲から神戸の街並み、海を見渡せます。
旦那クンとその年の6月から暮らすはずだったマンションと
とても似た風景を眺めることができます。

お墓からの坂道を歩きながら、この景色を毎日眺めていたんだろうな・・
そんなことをふと思い出しました。

やっと連休。そして徒然と

この2週間、ほんときつかったな・・。
連日20時の最終退出時間まで働いてるかも。。
こういうときは、1日中時間に追われているから
連休を迎えてどっと疲れを感じた。
通勤が往復3時間超はやっぱりヘタレの私には疲れるのかな。

でも、上司たちは毎日そうなんだよね。。
しかも私より年上で、女性の上司は家事も待っている。
なかなか色々ありますが、そういうところは偉いなぁって日々思う。

片付けも、連休明けにすべきことも整理しないまま
仕事道具をしまって外に出た。

そういえば・・・
今日は同じ班の人元気なかったのが気になったな・・・
注意しすぎたかな・・。
傷つかないように伝えようと努力してるつもりだけれど
「つもり」だけになってるかもしれないし。。
でも伝えないと進歩しないし・・・。
とっても優しくて繊細な人なので心配。。

先日、大阪で古い消火器事故があり、
男の子が意識不明の重体となったニュースを耳にした。
その子がお子さんの同級生なのだそうだ。
お友達のこと、周りの子のこと、自分のことのように考えるあまり
傷ついてしまうほど考えてしまう。
悩んで傷ついて元気のないその人を見てほんとに心配だけれど
心のきれいな人がそばにいるんだな・・・と思った。
(余談ですが、しかもとっても美人なんです。。)
(余談2 働いている会社の女性、ほんと美人サンが多いんです。。)


仕事のこと、同僚のことを気にしながらも
気持ちは旦那クンのもとへ!!
連休、一緒に過ごそうねー♪
毎年9月の連休になると、琵琶湖の近くまでドライブに
行っていたことを思いだす。
マーガレットステーションはどうなってるかな。
一緒に初めて見たコスモス畑、もう見ごろなんだろうか。
そして、また来れるよね・・と入園しなかったブリューメの丘。
今思えば、行っておけばよかったって、ほんとに後悔している。

今は車を運転したいとも思えないけど、
いつか運転するようになったら、旦那クンと走った道を辿りたいな。
2年前、ほんとは一緒に更新する予定だった運転免許。
私の免許証だけが悲しく更新された。車好きなの、旦那クンなのにな。
でも、古い免許証を返ししてもらってきたので
今、旦那クンの財布には自分のと私の免許証を入れている。



30回目の旦那クンの日

1年前、初めて「18回目の旦那クンの日」の記事をかいてから
もう12回もの16日を暮らしてきたんですね。

たった1日の社内旅行ですら、一人が寂しくて実家に戻っていた私。
30か月前は自分に半年後・・・、一年後があるんだろうか・・・
ほんの1カ月先を考えるだけでも、
気が遠くなりそうでぞっとしていたのに
30回も旦那クンの日を迎えてしまいました。

どこかで、奇跡が起きて会えそうな気もするし
でも、心のどこかではこの世に戻ってこないこともわかっていて
前者が強くなったり、後者が強くなったりしながら
その幅も狭まってきました。
今も揺れることは大いにありますが
旦那クンは私の心の真ん中に生きていて
励まし、支え、時に一緒に喜んだり、時に悲しんだり・・・
共に歩んでいるんだと思っています。

もうすぐ、遠距離の時間が、旦那クンと過ごした結婚生活を
越えようとしています。
そんな日を迎えるなんて嫌だったけど
旦那クンだってもっとそばにいたかったんだもんね。
旦那クンが過ごすことのできなかった時間を
旦那クンが自分の奥さんとして誇れるように過ごさないとね。
横道にそれてばっかりかもしれないけど
そんなときは、そっと連れ戻してくださいね、旦那クン。

10年たっても120回。100年でも1200回(そんなに生きないけど
それなら、これからもずっと数えていきましょう。
数を重ねるということは、旦那クンに会える日が近づくということだから。

今日は旦那クンが好きそうな(←・・・って、結構なんでも好き
プリンとかケーキを買おうと思っていたけれど
父が珍しく(><)ロールケーキを買ってきてくれたと聞き
急きょ路線変更。
阪神百貨店の「GRAND FOUR (グランフール)」という
新しくオープンしたお店で
クッキーの瓶とピスタチオのフィナンシェとキャラメルのフィナンシェ
そしてマカロンを4つ買いました。
ピスタチオとバニラとキャラメルのフレーバーです。
4日間日持ちするということで、明日のお楽しみに♪

お家に帰ると、旦那クンの大好きな
肉じゃがと海老フライを用意してくれていました。
母からも、シフォンケーキのお土産が

良かったね、旦那クン
今日も君が愛されているということを実感したよ。



LAR5 ~ラルゴ~

私の大切な友達がお店を開きました
LAR5というお店です。
   ↓
http://e-lar5.com/

良かったら見てみてくださいね。

旦那クンと私が昔働いていた職場で
私たちの事務所の「娘ちゃん」として可愛がってた彼女。
旦那クンのアシスタントでもあり、本当に慕ってくれています。

結婚した旦那さんのご実家が銘木を扱う会社をされていて
それが縁で旦那さんのご両親、旦那さんのお姉さん夫婦とともに
お店を出すことになったそうです。

9/12(土)がオープン初日ということで
元いた事務所のメンバーと3人で押し掛けました~。

枚方の駅から少し歩く、通り沿いにお店はありました。
銘木を使った小物や家具のお店だと思って行ったのですが
なんと、ハンドメイドの作品がたくさん並んだCafeでした。
外からハンドメイドの作品たちが顔をのぞかせていて
木のとってもいい感じのドアを開けると
彼女の家族とお友達と迎えてくれました。

もう閉店間際だったにもかかわらず、
気さくに迎えてくださった、彼女たちが
とっても仲良さそうで、幸せな家族が見えました。
彼女は、旦那さんのお姉さん夫婦とも、ものすごく仲良しで
旦那さんのお父様が愛する銘木たちを生かしながら
それぞれの夢を実現しようとお店を開いたみたいです。
一致団結している雰囲気がほんとうに絵になるご家族でした。

みんな本業を持ちながらなので!!すごいな~。

私の同期は、とっても気さくでしっかり者。
そして、とってもお洒落さんなので
口コミでとっても人気が出るんじゃないなぁと思いました。


木のぬくもりを感じる1輪ざし(3輪かざれます 笑)
メモ立て(旦那クンの名刺を飾りました~)
写真立てとアクセサリーホルダーを
購入させてもらいました。


元いた事務所のメンバーは本当にあたたかくて
辞めて5年になる私を一員として迎えてくれます。
今の職場では、正社員とそれ以外で大きな隔たりを感じる中
本当にありがたいことだと思います。

帰り道、メンバーの一人が
「旦那さんに対しても、ぴょんたろさんみたいに優しかったらって
思ったりします。
今でも、職場でぴょんたろさんがいたらどうするかなって考えます」
って言ってくれました。

「ありがとう、ぴょんたろも喜んでるわ
 また、思いだしてあげてね」しか言えませんでしたが
あ~、またここにぴょんたろは生きているんだな
慕ってもらえてるんだなって思えて、涙が出そうになりました。

ありがとうね。ぴょんたろもきっと喜んでるよ。

ばったり

昨日、仕事を終えて地下鉄に向かう途中
会社の元上司に出会いました~♪
お連れ様がいたので、お邪魔しないように
足早に歩いてプラットホームで電車を待っていると
その上司から電話がかかってきました。

お連れ様はそこでサヨナラしたそうで
久しぶりに~ということでお茶することになりました。

実は、私も行きたいなーと思っていたのですが
会社が遠くなってしまったこと
⇒いや、会社は同じ場所で、住まいが遠くなった・・・だな。。
連休明けに会議があることで、なかなかお誘い出来なかったのだ。

その方とお話しすると、いつも時間を忘れてしまいそうなくらい
話題に事欠かなくて、しかも元気をもらいます。

多分、色んな事もあるでしょうが、外見からは全くにじみ出てこない
本当に不思議なパワーというかオーラがあります。
これは、私以外の人も同じように思うみたいなので
きっと、そうなんだと思います。

実は、以前ブログをしていると伝えたことはあったけれど
あまりに忙しくて、お家でもPCをあまり見ないと聞いていたので
ここに訪問くださっていることを全く知らず。
裁判のことを伝えたら、ブログでみたよと告白され
気恥ずかしいやら、申し訳ないやら・・で
正直なところ、ちょっと焦りました~(><)

良く知る人は来ていないことを前提に書いていたもので
自分の気持ちを赤裸々に綴っていたから・・・

でも、あんなにお忙しい中、やっぱり気にかけてくださってるんだ・・・
と思って、これまた感謝の気持ちでいっぱいになりました。

旦那クンも、感謝せなあかんよ、って言ってる気がしました。


そして、今日は肩こりと目の痛さがひどくなり
ペインクリニックに行ってきました。
今回2回目。気持ち楽になってる気がします。
ほんとは1週間に1度いかなくては、なかなか良くならないんだけれど。
営業時間内になかなか行けないので、首痛もなかなか良くなりません。

で、ペインクリニックって、毎回3千円近くお支払いがあるのですが
こんなものなんでしょうか。。。?
毎週行ってたら、かなり金欠かも・。・。

1周年

ブログをはじめて1年。
1年前の今日、涙をいっぱいためながら
自宅のPCに向かったことを思い出す。

旦那クンへの色んな気持ち
支えてくれた両親や友達への思い
これからの不安・・・

今は思いついた時に書いて、心の整理しているけど
はじめて書いた時は、1年半の思いをはじめて綴ったから
色んな思いが入り乱れて、涙になったんだと思う。

1年前の今日は、記事をまだ公開する勇気がなくて
公開したのはそれから半月ほどしてからだったなぁ。。

ブログをしていなければ、出会うことのなかった
大切な友達にもめぐり合えました。

こんなささやかなブログを気にしてくださる
お客様もいらっしゃると思います。
決して訪問者数も多いわけではないけれど
ここに訪れてくださる方々が共感できたり
前向きになれたり、時に立ち止まれたり・・・
うんうんって言えるような場所にしていきたいと思います。

拙いブログですが、旦那クン共々よろしくお願いいたします。

今日のテレビから

また、一週間が始まりましたね。
テキパキタイプではない私が、職場では時間に追われて
アップアップしてます。。
もっと、仕事できたらなー。

そんなこんなで帰宅して、旦那クンと少し話して
リビングに降りると、スマスマやってました。
私の大好きな女優さん、新垣結衣ちゃんが出ていて
かわいーーーーーを連発して見入っておりました。
好きな女優さんみると、ちょっと得した気分♪

好きな俳優さんはなかなか見つからないけど
昨日天地人見ていたら、直江兼続は旦那クンに似てるかも・・・
って思いました・・・。ってお惚気??(笑)
あくまで、天地人の妻夫木くんが似ているということで。
ちょっと幸せな気分に♪

その後、歯磨きしながら報道ステーション見ていると
男子新体操の特集をしていました。
青森山田高校の男子新体操部がクローズアップされていたのですが
一つの目標に向かって、チーム一丸となって頑張る
って、ほんとにいいなーって思いました。
そして、新体操は女子!!と思っていたけど
男子新体操は女子とは全然違って
とても男らしくて素晴らしいスポーツだと思いました。
男子新体操が広まるよう祈っています。

本来なら、仕事も一つの目標に向かって
職場のみんなが一致団結して達成しようと頑張るものだと
思うのですが、
今のところ、うちの所属はバラバラです。。
一人ひとりは頑張っているはずなのに。。
きっと周りへの思いやりが欠けているんだと思います。

ほんとに残念に思うことが多いですが
自分は腐らないよう頑張らなくては・・。

青森山田高校 新体操部に感動をもらっただけではなく
自分の仕事への姿勢を考えさせられました。

情熱はすごい!!

PS.今日は旦那クンの携帯に、北海道の大倉ジャンプ場限定の
  まりもっこりストラップをつけてみました。
  旦那クンが苦笑いしてそうです。。

さぼりぐせ

ここ数カ月、土日にまとめてブログ更新するペースだったけど
今週はなぜか書く気持ちにならず。
というより、書くことがない・・・というか
先週の説明会が終わって、背骨が抜けてしまったか。

不平を言うつもりはないが
会社もしっくりこないし
身近な友達ともしっくりこないし
(これは自己中心的な感情だから
 自分次第ということはわかっているのだが)
心の中を吐露する場所がなくて
自分をもてあそんでいるということか。

先週末、会社の同僚とお茶しに行った。
以前、彼女が聞いたらびっくりするような壮絶な生い立ちだと
言っていたので、聞いてみた。

いまだそれを引きずっているそうで
ご主人にしか言えてないそうだ。

ご主人には話せたんだ~という安心感と
ご主人と出会うまで誰にも言えなかった辛さと
それを自分で抱えていたんだと
自分はそれさえできないかも・・・と思う畏怖の念と。

まだ出会ってから短いけど、
いつか話してくれたらいいな・・・
話せるってことは、心の整理がつくってことだから。

そんな風に思ったけど、何も言えず
自分という人間の必要性の薄さを感じて
なんだかダメダメな週末だった。
あー、明日から上司出社かぁ。。。

だんなぼし

毎日、最寄駅に着く頃は夜空に星が輝いています。
つい先日から、ひとつキラキラ光る星が気になっています。
もう家もすぐそこ・・・という曲がり角を曲がると
まっすぐ私の目に入ってくる星。
私の一番星・・・
そう「だんなぼし」と名付けました。
今日は空が曇っていて
だんなぼしに会えず、残念。。

このだんなぼし、一年中見えるのだろうか??
うーーん。
プロフィール

月乃ぴょんこ

Author:月乃ぴょんこ
旦那クンと私の人生を奪った
急性心筋梗塞と病院。
悔しいけれど
辛いことばかりじゃなかったね。
君に沢山のことを教えてもらったよ。

-いつか大好きな旦那クンに
会える日まで‥
その日を楽しみにしてる。
素敵な奥さんでいられるように-

色んな気持ちの足跡を残していこうと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。