スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務所訪問

少し前になりますが、11/5金曜日の仕事の後
久しぶりに弁護士の先生の事務所に行ってきました。

現在のところ、元院長への対応をどうするか・・・という話は
事実上暗礁に乗り上げており、全く進んでいません。

・・・というより、
元病院長であり、1年前に開業したクリニックの院長として
あまりにも情けない受け答えしかできなかった彼に失望し
もはや何を求めても無駄・・・と思っているのが私の本音。


3年前ならメディアに訴える、医師会に訴えるということも
考えたけれど、どちらも味方になってくれるかどうかは
わからない。
(正しくこちらの意図を理解してもらえる保証もない。)



ま、そんなこんなで、一人で考えあぐねていても
明るい兆しが見えるわけでもなく
まして、弁護士先生もアイディアが浮かんでいないと思うし。

はっきり終わった宣言をしていないけれど、
かといって、病院とは和解が成立。
弁護士とクライアントという契約関係は微妙な感じです。

何故、先生の弁護士事務所に行くことになったか・・というと
お世話になっている先生の1人が、パートナーとして所属していた
弁護士法人から独立されたので、新事務所ご訪問ということで
もう一人の先生にお誘いいただいたわけです。

新しい事務所は、私が大好きな深いブラウンの木目調の壁で、
スタイリッシュな机や椅子が置かれていました。
入り口にもカメラ付きのインターフォンが設置されていて
一緒に訪問した先生も、とても興味を持っておられました。

出してくださったお茶のグラスがとっても素敵で
遠目に見せていただいた事務員の方のデスクや
先生のデスクも、とても重厚な感じでした。

なんだか旦那クンとよく行ったモデルルーム見学を
思い出させてくれる感じがしたので、
女性の意見がよく取り入れられているなと・・・。

伺ったところ、やはり、奥様の意見も多分に反映されているとのこと。

なるほどな~。
先生のご家族像が目に浮かぶようでした。

今までいらっしゃった事務所とは全く違う印象を受けたのが
セキュリティー。
やはり色んな案件と向き合うことがあるので
時として、弁護人と対峙する人たちからよく思われないことも
あるそうです。
確かに・・・。

なかなか周りにはいない職業なので、想像したことも
なかったけれど、いつも危機感を持っていると伺い
想像以上に大変な仕事なんだと感じました。

ご家族も心配されているんだろうな…。


弁護士さんのこと

こんな鈍感で無防備な私でも、人を全面的に信頼できることは
皆無に近い。
特に会社で信頼できる人はなかなかいない。
仕事が出来る人や頭のいい人はいっぱいいるけど
なんだか寂しい限り。

でも普通はそうなのかな。
私は自他共に認める寂しがり屋だから
すごく寂しく感じてしまう。

私にとっては、旦那クンがそんな存在なので、余計かな。


約3年お世話になっている弁護士さん。
ここでは最終的な結果は書いてなかったけど
ほぼ、和解が成立しました。

まだ、最終的には、私が聞きたかった旦那クンの最期の様子は
聞けていなくて、当時のへなちょこ主治医と最悪な弁護士の
おかげで、人生で一番といっても過言ではないくらい
激怒し、今に至っている。

私が担当してもらっている弁護士の先生も
今まで頑張ってきたのに、すっきりしないと言ってくださって、
もう少し考えていこうとおっしゃってくださった。

私も先生も、どうアクションを起こしたらいいのか
見当もつかない感じなんですけれど。。。


全面的に信頼できる関係を築けてはいないけれど、
先日、先生が
「医療過誤事件が発生する構造的な背景に、
病院の体制を十分に取れない経営状況があるのではないかと思い
最近、勉強を始めることにしました。
医療の問題は生命に直結しているので、間接的にでも何か役に立つことが
できないかと考えています。」
と連絡くださった。


この先生は、私と会うまでは医療過誤には詳しい方ではなかったはず。
旦那クンを通して、先生が新しい分野に目を向けてくださったのなら
それも旦那クンの生きた証なんだろうか。

すごく嬉しい気持ちになりました。

先生、有難うございます。
病院側の問題だけではなく、患者側の問題もお願いしたいなぁ。。







ピノッキオ

10月8日はネイル友 あっちゃんのセレクトしてくれた
「ピノッキオ」というイタリアンのお店に行ってきました。

神戸ではとても有名なお店で、水を使わず、ミルクのみで練り上げる
ピザ生地が有名で、創業以来の枚数を記したカードが添えて
出てきます。

土曜日もランチタイムがあって、あっちゃんと私はもちろん
ピザランチ♪
あっちゃんは「コンビネーションピザ」
私は定番の「ピノッキオピザ」をオーダーしました。

実は私は二度目の来店。
前回はかなり昔の大学生の頃。
当時も恐らくピノッキオピザを食べたはずなんだけれど
全然覚えてなかった(><)

プレッツェルにも似た、歯ごたえのある触感に
濃厚なホワイトソースとチーズが絡み合ってて
なかなか美味しかったです。

昔と違うことは・・・
年齢のせいか、胃袋の大きさが縮小してしまったようで
完食したものの、後で入ったトゥーストゥースのスイーツは
食べきれませんでした。

年とともに胃が弱体化したのか、
はたまた、旦那クンと遠距離になって弱体したのか・・・。
微妙。。

因みに、私のピザのシリアルナンバーは「1191501」
なんと!あっちゃんの番号は「1191500」でした!!
今年はいいことあるかもよー、あっちゃん(笑)

この日に香港旅行のお土産をいただいたんだけど
その一つの「ペニンシュラホテル」の紅茶♪
母といただいたら、ものすごく美味しかった!!!!

ペニンシュラと言えば、これまた大学生の頃に
香港でアフタヌーンティーをしに行ったら
5時を5分過ぎていなかったため、断念した経験が・・。

ペニンシュラって、重厚で室内弦楽器の生演奏やってて
すごくいいですよね!
いつか、香港のペニンシュラでアフタヌーンティーしたいな。







Japan Open 2010

先週は埼玉までフィギュアスケートを観に行ってきました。
ショーには何度か行ったことがあるものの、試合の観戦は初めて。

ショーにも試合にも違った良さはあるけれど、
ミスの許されない緊張感というか、
最高の演技をする気迫を肌で感じられるのが
とても楽しみでした。

通常の試合と違うのは団体戦ということ。
フリーのプログラムを男子も女子も観戦することができます。
(グランプリシリーズにしても、全日本にしても
 男女の開催日が違うので、1枚のチケットで両方みられる
 のはお得?! 笑)

大好きな浅田真央選手をはじめ、これまた頑張ってほしい小塚選手や
安藤選手。華麗な復活を遂げた高橋選手で構成された日本チームに

とってもお茶目なプルシェンコ選手やジョアニーロシェット選手も
出場していました。

ラウラ・レピスト選手がけがのため欠場ということで
ほんとに残念でした…
発表は数日前だったのに、プログラム(冊子)には
急きょ出場することになったユリア・セベスチェン選手が
きちんと印刷されていたのは何故??

もっと早くからわかってたんじゃないの・・・・TV東京さん。
プログラムはどのショーに行っても一律2,000円だけれど
今回のJapan Openのプログラムはかなーーーーーーーーーり薄くて
これまた少し残念。。

一緒に行った友達は、昨年出場していたステファンランビエールが
映っていたので、喜んでいました(笑)

浅田選手に関しては、今季は新しいスタートということで、
ジャンプの立て直しを図っている途中と聞いていたので
NHK杯に向けての課題を見つける気持ちで
気負わないで滑ってほしいな・・・
背負うものがなかった頃ののびやかな笑顔が見たいな・・・
と思っていました。

私は昨年度の浅田選手のジャンプだって、天使が舞い降りてくるような
柔らかくて優雅な感じで、誰よりも美しいって思うし
手の動きもエッジワークも、優雅で気迫があって
鳥肌がたちます!!!!

たくさん転んじゃったし、確かに滑り込んだ時間は少ないかも
しれないけど、審判さん、あの点数はないんじゃないの?????
って、ほんとに腹がたった・・・。
キムヨナの世界選手権の演技で、130点出たのに…
意味わかんないです。

でも・・
当の本人が一番悔しいはずなのに、
自分だけと次の目標だけを見つめて頑張ってる。

練習ではかなり完成しつつあったと聞いいている。
本番で発揮できず、他のみんなに迷惑をかけたと
悔しかったに違いない。

でも、真央ちゃん。
真央ちゃんの演技は本当に私の心に響いてきたし
フィギュアスケートに対する姿勢を尊敬してます!!

そんなに謝らないでねーーーーーーーー。

どんなに不調が続いても、審判が不公平に感じても
沢山の人をとりこにしている浅田選手を
これからも応援していこう。

夏休み (友達のご主人を思う)

もう先月のことになりますが、
9月初旬に夏季休暇を取りました。

今年も旦那クンの足跡を辿るべく、上京してきました。
上京中はホカロンさんのお宅に滞在させていただき
またまたご縁に感謝です。

1日目は仕事後に、神戸空港発の最終便で羽田へ。
遅い時間だったにもかかわらず、
ホカロンさんが羽田空港まで迎えに来てくださいました。
丑三つ時まで話し込んだ後、
吸い込まれるように眠りにつきました。


2日目はホカ夫くんのお宅にお邪魔しました。
1年前来た時と同じく、美しい庭園のような霊園で
ホカロンさんの想いがこもった石碑。
いいなぁと改めて感動。

今年の夏は本当に熱くて、ホカ夫くんのお家も
沸騰するのではなかろうかと思うほど
熱くなっていました。

あまりに暑いでしょうと、ホカロンさんのご両親が
気を遣ってくださって、霊園まで車で連れていって
くださいました。
お昼御飯をごちそうになったうえ、お土産までいただいて。

気を遣わせてしまったけれど、また来ますね、ホカ夫クン。



ありがとう

ブログ開設して2年目は、4カ月に1度の更新という
中途半端なことをしてしまいました。

一時は、ブログを開くことさえ拒んでいた時期も
あったけれど、もう少し気持ちが前進するまで
細々と続けていこうと思います。

こんなか細いブログに、記事をアップしたらすぐに
コメントをくださった、すみれさん、二兎ままさん
ありえるさん、マリコロさん。
本当にありがとうございました。
いただいたコメントは4カ月後の今も、嬉しく思っています。
そして、折角いただいたコメントに対して
お返事もせず、申し訳ありませんでした。


すみれさん。

すみれさんも3回忌を終えて、立ち止まりながらも
一生懸命前に進んでる姿をブログで読んでは
関西の自宅から応援してました。
いつもいつも本当にありがとうございます。
ホカロンさんから、ホカロンさんがすみれさんと
お会いした報告話(笑)を聞いて
またまたお会いしたい気持ちが大きくなりましたよ♪

全然連絡もせず、不義理な私を許してくださいね。
今年のゴールデンウィークには、残念ながら会えなかったけど
いつかお会いしたいな~って願っています。


二兎ままさん

いつ更新するかわからない、このブログに
すぐに気付いてくださった二兎ままさん。
自分は不義理してるのに、ほんとに嬉しかったです。
もう少しの間は細々と続けていこうと思いますので
宜しくお願いします。
めいっこさん、調子はいかがですか?
是非是非お宅訪問したいです!!
みみ&みず兄弟にも会いたいなー。
私自身もぴょんたろとはいい関係を続けていると思うので
今年も一緒に頑張っていきますね!


ありえるさん

ご主人が旅立たれて1年。今は1年4カ月になるんですね。
この1年、本当に大変だったでしょうと
自分の時の1年を振り返ると、言葉にできない思いです。

衝撃のある悲しみや辛さは年々和らいでいきますが
時間が経過しても、やはり色んな思いが重なって
背負った悲しみは消えることはないんだと思います。

肩肘張ってきた3年。
もう一度できるか・・・と考えたら、正直なところ
もうこんな思いはできないなぁって思います。


私は主人と突然の別れを経験しましたが、
ありえるさんはご主人と命の期限を宣告されたのですね。
生きようと治療に励むご主人の生きる期限を聞いた時、
聞いてからの時間が
どんなに切なく、悲しかっただろうと思うと
コメントを拝見して4カ月経った今も
目頭が熱くなります。

また、大切なお友達も旅立たれたとのこと。
お腹を痛めて出産した赤ちゃんを遺して
行かなければならなかったお友達や
お子さん、旦那様の悲しみは大変なものだと思います。


最後に、コメントをくださってありがとうございました。
ほんとに嬉しかったです。
本来なら、すぐにお返事すべきところなのに
ほんとに不義理な私をお許しください。
こんな不定期なブログですが、ありえるさんが
ご主人のお話をしたくなった時や嬉しいこと、悲しいことが
会った時など、色んなお話をしてくださったら
私も嬉しく思います。


マリコロさん

ご丁寧なコメントを有難うございます。
愚痴のようになったまま、更新を途絶えたのですが
マリコロさんのコメントを拝見して、
そんな考え方もあるんだな。。と思いました。

このブログは主人への想いを中心に綴っているので
悲しみでいっぱいのままであると感じられたのでは
と想像しています。
確かに悲しみは消えていませんが、大丈夫。
ゆっくりではありますが、前進している・・
前進しようとしています。

残念ながら般若心経は聞かせてあげていません。
私は、般若心経というインドの言葉ではなく
私の言葉で、彼に話していこうと思っています。
彼はきっと耳をかたむけてくれると思うんです。

3年後に読み返したら、わたしもマリコロさんが
コメントくださったことを、実感できるかもしれません。

本当にありがとうございました。











涙って不思議だな・・って思う。
一番初めに流した涙は、きっと不快な気持ちを訴えるために
流した、赤ちゃんの涙。
それから人は成長して、色んな感情が芽生えてきて
悔しくて流す涙だったり、辛くて流す涙だったり。。

嬉しくて流した涙はいつだったんだろう。
テレビや新聞等で、自分とは直接関係を持たない何かで
思いがこみ上げてくる涙を流すようになったのは
いつの頃だったんだろう。


嬉しさも、哀しさも、怒りも、喜びも・・・
高ぶった感情を元に戻すときに涙って必要なのかな、、って思う。

残念ながら、私生活では頑張った喜びで涙を流すことはほとんどない。

最近多いのは、新聞やネットで読む記事。
もうすぐ阪神大震災から15年を迎えるにあたって
遺された遺族の方々の今が取り上げられた記事が多い。
15年経った今、愛する人を亡くした人だけではなく
色んな喪失感を持っている人が多いと知った。

小学生の頃震災を体験し、別の地へ引越した方の話。
引越先も同じ関西だったけれど、震災の話を一生懸命伝えても
友達はふぅ~んと言って少し困った顔をして
別の話題に変えてしまった。
もう、震災の話はしてはいけないんだと思った。
また、震災で身寄りのなくなった方の話をTVで観て
自分の被害はずっと軽いと思ったそうです。

その彼女は、今、震災を通して語り合う場(HP)を立ち上げ
運営されています。

「体験を比べず、批判せず」

http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/shinsai15/20100109-OYO8T00224.htm


私も被災地に近い場所に住みながらも、
被災した人たちの気持ちをわかったいなかったと思う。
けれど、旦那クンとの遠距離を経て、こんな記事に出会うたびに
胸が熱くなり、旦那クンを思う。

震災を乗り越え、街が復興し、15年を迎えた今なお
色々な思いを抱えていらっしゃる方が大勢いるように
私もそうなんだろうな、とも思う。

でも、こうした記事を読んで胸が熱くなる心は
旦那クンがくれた心なんだと思っている。
人の気持ちが分かる人に。
旦那クンは私を少し成長させてくれてるんだと思う。


アバター

会社のリクリエーションの一環で、映画を観に行きました。
ボーリング等何種類か決められた娯楽の中から
所属で映画を観ることに。映画は観るだけなので気楽だしね。

宣伝では少々気持ち悪い?!感が否めなかったのですが
3Dだったこと、ジェームズキャメロン監督だから
それなりに面白いのでは?という安易な考えで、私は選びました。
多数決の結果、結局「アバター」
因みに、多数決ではカールおじいさんとの接戦だったらしいです(笑)

もう一度観たいとは思わなかったけど、結構集中して観ていました。
映像とスリルは抜群で、流石洋画だなぁとおもいました。
ただ、ストーリーは単純なので、結果は見えていた感じ?!
好みもあると思うので一概には言えないけれど
これは映画館で観た方が楽しめるかな、と思いました。

6時半から3時間の超大作の後、みんな集中しすぎて
映画終了後はかなりぐったり(笑)
翌日がお休みで良かった♪

終了後はそそくさと帰路につきました。


2度目の再会 ~また会う日まで~

ご主人の転勤で引越したYさんが関西に戻ってきたので
時間後に食事してきました。
年末にお会いした時は、おっとりYさんの弾丸トークに
楽しみつつも少々ビックリ♪したのですが、
2度目のこの日は、いつものYさんに戻っていました。
2週間余りのシティーライフ(笑)を満喫しきったのかな。

年末は10か月ぶりだったし、ご主人の転勤に伴う引越で環境が
がらりと変わったこともあったし。
また、ランチの1時間でしゃべることが沢山あったからなぁ(笑)


さて・・
Yさんのリクエストは和食とチーズフォンデュ以外で
家では食べないようなもの・・・ということで
2日ほど悩んだ挙句、ハービスエントにある
マーレ・クッチーナと言うお店を予約しました。
ハービスエントに入っているお店とは思えないほどリーズナブルな
カジュアルイタリアンのお店で、お店は空いていました。
お隣のお店、「米門」は結構賑わっていたので
少々不安になりつつ。。

前菜もパスタもお肉もデザート&ドリンクもついて
ビックリする良心的なお値段だったので
お連れ様2人がとても喜んでくださいました。
良かった~。

あんまり楽しかったので、ご家庭(お子様あり)のある
お連れ様共々時間を忘れ、ついつい長居してしまいました(><)
次は夏の帰省の時に♪と約束して家路につきました。



このお店の奥はガラス張りになっていて、かつて私が勤務していた
梅田スカイビルが真正面に見えました。
建築技術も進み、スカイビルも今となっては最先端のビルではないけれど
2棟のビルが最上部で連結しているこの建物は
今もなお、目を引く何かがあるなぁと感じました。
このスカイビルの建築に携わった方々が、この建物に誇りを持っていて
とても熱く語ってくださったことを懐かしく思い出されました。

実は、旦那クンもスカイビルにある企業に席をいただき
毎週水曜日に通ってたんですよね。
旦那クンと私が婚姻届を出した日も、スカイビルに行った
帰りでした。

旦那クンにも私にもご縁のあったスカイビル。
この日は甘酸っぱいような、懐かしいような・・・
そんなちょっぴり複雑な思いで眺めていました。



初出勤

年末年始の休暇も終わり、初出勤してきました。
もう電車もいつもどおりの混み具合・・。
JRだけでも1時間以上かかる通勤。。
なまった体にはこたえるぅぅ。。
会社に到着するころには、寒さも手伝ってげんなり。

そんな気分とは裏腹に、会社は休暇明けとは思えないような
雰囲気に戸惑いを覚えつつ。。。
脳みそは結局お休みボケしたまま1日が終わりました。。
来月初めにはまた会議があるので、
明日から気を引き締めていかないと。。

でも、みんな元気に出社していたので良かったです。
明日も精神的に穏やかに仕事できることを祈りつつ。。
さ、ねよっと。
プロフィール

月乃ぴょんこ

Author:月乃ぴょんこ
旦那クンと私の人生を奪った
急性心筋梗塞と病院。
悔しいけれど
辛いことばかりじゃなかったね。
君に沢山のことを教えてもらったよ。

-いつか大好きな旦那クンに
会える日まで‥
その日を楽しみにしてる。
素敵な奥さんでいられるように-

色んな気持ちの足跡を残していこうと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。